×

自宅で永久脱毛は可能?|家庭用脱毛器を使用する方法と注意点

永久脱毛を理想としている人は、いくつかの方法から選べます。医療機関やサロンの他、自宅でもムダ毛処理を行うことも可能です。ただ、自宅で行う脱毛では永久脱毛までの効果は得られないほか、注意すべきことや知識が必要になります。

自宅での脱毛で得られる効果やメリット・デメリットまで把握しておくことにより、失敗に感じてしまうことが無くなります。簡単に脱毛できる方法も存在しているので、覚えておくとキレイな肌を実現できるのではないでしょうか。

モコ
特に最近では、外出自粛の傾向にあるので自宅で脱毛・ムダ毛処理したいですよね(;^ω^)
 
ロボ
そんな時には、光美容器(脱毛器)が「実質タダ」でもらえるミュゼキャンペーンがおすすめです♪

▼自宅脱毛を応援!▼
ミュゼ美容器キャンペーンはこちら!

家庭用の脱毛器で永久脱毛できるのか?

一般的に身体に生えているムダ毛を全て処理して、いわゆる永久脱毛に近い状態にする方法は医療機関で利用できるレーザー脱毛があります。

自宅で行う場合、普通の方法では除毛や減毛に限定されてしまうことが目立ちます。例えば家庭内で利用可能な除毛クリーム、市販されている電気シェーバー、脱毛用ワックスなどを購入して行う方法です。これは一定の効果は得られるものの、一時的なことに限定されてしまうので、永久脱毛を行うことは難しい傾向にあります。

しかし、インターネットを利用して購入できる家庭用脱毛器というものが存在していて、このタイプの中でも優れた性能を持つ機種であれば、永久脱毛に近い状態に施術することは決して不可能ではありません。

普通の剃刀や熱線脱毛などと比較をしても、家庭用脱毛器の場合では毛根に作用するため、サロンなどで利用されている光脱毛と同じ効果を発揮させることはできます。

照射できる部位がある程度限定されてしまうこともありますが、脇や腕、脚などの目立った部位については自宅で綺麗にムダ毛処理をすることができるでしょう。

脇脱毛を自宅でする際の注意点まとめ!

家庭用脱毛器なら自宅で簡単に脱毛できる!

脱毛器を自宅で使ってキレイに!

最近はインターネットで簡単に家庭用脱毛器が購入できるようになりました。そのため、自宅でも気軽に脱毛をすることができるのです。

家庭用脱毛器とは?|光美容器がメイン

家庭用脱毛器と言っても、いろいろな種類が存在しています。どれも一長一短があるので、どのような種類があるのか、どういった特徴があるのかを見ていきましょう。

最初は「光美容器」と呼ばれている種類を紹介します。これは光を照射して脱毛をする種類なのですが、他の種類よりも痛みが少ない反面、値段が少し高くなっています。大きく分けると「レーザー式」と「フラッシュ式」の2種類があります。

毛を薄くするだけでもよいという人は「光美容器」を使うのがよいでしょう。「レーザー式」の方が脱毛効果があり、「フラッシュ式」は最も痛みを抑えられる種類だと言えるでしょう。

もう1つは「脱毛ローラー」と呼ばれている種類で、ローラーの部分を回転させることで毛を巻き込み、脱毛をしていく物です。毛を抜いてしまうので脱毛効果は高いく、価格も安いというメリットがあります。

しかし毛を抜く方法になるので、痛みが強く発生してしまうというデメリットがあります。しっかりとアフターケアをしないといけない種類だと言えるでしょう。

自宅で使える家庭用脱毛器の効果

自宅で使用できる脱毛器というのは、脱毛サロンや医療機関で使用される物よりも出力が抑えられているのが一般的です。そのため、効果は当然落ちてしまいますが、素人でも比較的安全に脱毛ができるというメリットがあります。

家庭用脱毛器を使用して脱毛するときには、永久脱毛の効果までは期待できないことを認識しておきましょう。

▼自宅脱毛を応援!▼
ミュゼ美容器キャンペーンはこちら!

VIOにも家庭用脱毛器は使える?

数多く販売されている家庭用脱毛器の中には、VIO対応のものが存在します。これは普通に脱毛するのが難しい部分にもフィットしやすいですし、デリケートな部分でも安全に脱毛するように設計されています

そのためVIOラインは当然として、他の部分でも安心して使うことができます。初めて購入するという方は、VIO対応の脱毛器を選ぶのがよいでしょう。

VIOの自己処理では除毛クリームもおすすめ!

なお、VIOに限らず家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。そもそも永久脱毛というのは、全く毛が生えてこなくなるという意味ではなく、一定の期間以上毛が生えてこなくなるという意味です。

脱毛サロンや医療機関よりも出力が弱い家庭用の機械では、どこの部分も永久脱毛は不可能です。もちろん選ぶ脱毛器の種類によっても効果は異なるでしょう。

VIOの正しい自己処理方法もチェック!

デリケートゾーンを自宅で処理する場合のやり方

デリケートゾーン付近を脱毛する人

デリケートゾーンの脱毛が気になる方も多いと思いますが、この部分は脱毛サロンなどに行かなくても、以下のようなセルフ脱毛も可能です。

様々な方法がありますので、自分に合った方法がある方は一度チャレンジしてみるのもいいと思います。

デリケートゾーンの脱毛方法1・カミソリ

自宅で簡単にできるVIO脱毛として最も多いのが、カミソリです。ムダ毛が多い場合でも、お風呂場で大胆に処理できるのは、女性にとって一番楽な処理方法です。

カミソリの場合、ムダ毛処理をある程度まとめて処理ができるのがメリットでもあり、その分、作業にかかる手間と時間を短縮することが可能です。

カミソリは手軽にできる方法として人気がありますが、カミソリ負けなどのリスクもありますので、セルフ処理として利用する方は十分に注意する必要があります。

デリケートゾーンの脱毛方法2・ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、気になる部分塗ったワックスを一気に剥がすもので、手軽にできるムダ毛処理手法です。

毛根の抜き取りはもちろんのこと、古くなった角質までもしっかりキレイに取り除くことができますので、全体的にお肌をキレイに保つことができます。

ブラジリアンワックスはセルフ処理としても人気があり、手軽にできることから口コミなどでも話題にのぼることが多いですが、カミソリと同様に埋没毛などのリスクがあるため、手軽にできる分デメリットもありますね。

デリケートゾーンの脱毛方法3・電気シェーバー

電気シェーバーは、カミソリのようにお肌のキズつきを防止できますので、敏感肌の方におすすめと言えます。

電気シェーバーには様々な種類がありますので、その中から自分に合ったものをチョイスしてください。カミソリ負けなど、カミソリでのセルフ処理が苦手な方に最適です。

デリケートゾーンの脱毛方法4・脱毛器

最近は家庭用脱毛器でムダ毛処理をする人が増えていますが、エステサロンや脱毛サロンで使用している光脱毛と同じ効果が得られるのが、その人気の理由と言えます。

ただ、脱毛する部位によってはカートリッジが異なることがありますので、その場合は使い分けが必要です。最近の家庭用脱毛器は性能や機能が高くなっており、その分、値段が張るものも少なくありません。ですので、予算と相談して計画するといいでしょう。

デリケートゾーンの脱毛方法5・除毛クリーム

除毛クリームは、アルカリ性の薬剤を使用してムダ毛を溶かして処理するものです。患部にクリームを塗った後、数分程度放置をするだけで、ムダ毛がキレイに処理できるのが特徴と言えます。

品質の良い除毛クリームであれば肌荒れのリスクも少ないので、適切な頻度を守って正しく使えば美肌効果も期待できます。おすすめの除毛クリーム製品はこちらのページで解説しているので、ご参考までにどうぞ!

家庭用脱毛器の選び方のポイントは?

家庭用脱毛器は、様々なメーカーから出されているので、ほしいと思ってもどれを買ってよいのか迷ってしまいませんか?ここからは、家庭用脱毛器を選ぶ時、チェックするべきポイントについて解説していきます。

照射面の広さ

1つ目のポイントは、脱毛器の照射面の広さです。

照射面の大きさは照射完了の時間に関わってきますが、脱毛器によって広さは異なります。照射面が小さすぎると、照射完了まで時間がかかったり、照射漏れを起こしやすく、ムラができてキレイに脱毛できず、やり直さなければならなくなったりしてしまいます。

照射時間が長くなったり、照射漏れしてしまった部分をやり直すために繰り返し照射すると肌への負担も大きくなってしまうので、なるべく照射口が大きいものを選ぶのがおすすめです。

照射レベルの調整はどれくらいできるのか

2つ目のチェックすべきポイントは、照射レベルを何段階調節できるのかということです。

多くの家庭用脱毛器は、肌への照射をする際の出力の強さを変えられるように作られています。効率よく処理をするためには強い出力で、反対に弱めることで、痛みを抑えたり敏感な肌にも使えるようになっています。

初めて使用する時は弱い出力で使い始め、使い方や痛みに慣れてきたら少しずつ強めていくと効果的に脱毛できるでしょう。

照射回数

3つ目のポイントは、照射回数です。

家庭用脱毛器はそれぞれ、最大照射可能回数が設定されていますが、回数の差によってはコストパフォーマンスもかわってきます。ほとんどの脱毛器は10万回~30万回の照射が可能で、購入価格から換算すると1照射あたりの差額は0.5円ほどと、ほとんど差はありません。

しかし、脱毛は1度や2度で終わるものではないので、長く使い続けるほど差が広がっていきます。1台を長く使うためにも、照射回数をチェックし1照射あたりの金額が安くなるものを選びましょう。

カートリッジ交換式かどうか

家庭用脱毛器には、本体交換式とカートリッジ式の2種類があります。

カートリッジ式は、カートリッジの照射回数を打ち終えたら、カートリッジを交換すれば再び使用できます。対して本体交換式は、カートリッジがないので、規定の照射回数を打ち終えたら本体そのものを買い換えなければなりません。

一般的に、本体交換式のほうが、購入してから長く使い続けられるものが多いです。しかし、寿命が近づくと出力の強さが弱まり、うまく脱毛効果が出なくなってしまいます。

カートリッジと本体の価格の差、買い替えの頻度を考えると、カートリッジ式のほうがランニングコストは安く済み、高い出力のまま使い続けることができると言えるでしょう。

使用できる部位

どの部位が脱毛できるのかは、家庭用脱毛器の重要なポイントです。

脱毛器によっては全身に使用できるものもあれば、使える部位が制限されているものもあります。特にVIOゾーンや、顔の上部など、皮膚が薄く敏感で、粘膜が近い部分は使用できない脱毛器も少なくありません。

せっかく購入しても、使えなかったら意味がありません。自分が脱毛したい部位に対応しているかどうかは、購入する前にきちんと確認しておきましょう。

顔用でも眉毛脱毛には注意!

顔部分に使用することができる脱毛器でも、眉毛の脱毛には要注意。

家庭用脱毛器は、美容サロンで施術される光脱毛を、家庭でも行えるように出力を抑えたものです。眉毛は目に近いため、光を照射すると眼球にダメージを与え、視力が低下したり失明する危険性があります。

顔に使用できる家庭用脱毛器でも眉毛、特にまぶたに近い部分には絶対に使用しないようにしてください。

関連記事▶眉毛の永久脱毛はデメリットも!|サロンの顔脱毛は肌への負担が少ない!

家庭用脱毛器の使用方法

脱毛した美人

安全に家庭用脱毛器を使用するには、正しい使用方法を知る必要があります。

脱毛前の準備

脱毛サロンや医療機関で脱毛をする時と同様に、家庭用脱毛器を使用する前にも事前にある程度余計な毛を剃っておく必要があります

毛が長い状態では、家庭用脱毛器の力を弱めてしまいますし、照射口と肌の間に毛が挟まるというトラブルが発生しやすくなります。このようなトラブルがないように、事前にある程度剃るようにしましょう。

また毛を剃る時は電気シェーバーを使用するのがよいでしょう。カミソリでは肌へのダメージが大きいのでおすすめできません。おすすめ電気シェーバーでは、ミュゼオリジナルの製品もあります!

照射レベルの設定

家庭用脱毛器にも、照射レベルが設定できる物が多くなっています。特に「光美容器」を使う場合には、レベルの設定ができない種類というのはまず存在していません。

出力はどの部分を脱毛するのかによって変える必要があるので、最初に適切な照射レベルを知っておく必要があります。基本的に肌が厚くて痛みを感じにくい場所は照射レベルを強くしておき、敏感な部分は照射レベルを低くしましょう。

照射前の冷却

家庭用脱毛器を使用する場合、いきなり脱毛を開始してはいけません。まずは照射する箇所をしっかりと冷却しましょう

これだけでも痛みを軽減し、肌へのダメージを減らすことができるのです。脱毛サロンや医療機関でも普通に行っている方法なので、効果は十分得られます。

主な方法は保冷剤を使って行うのですが、小さな物よりも大きな物の方がおすすめです。中途半端に行うのではなく、しっかりと肌が冷えるまで行いましょう。

光を照射

十分に冷却を行ったら、ようやく脱毛を開始します。

脱毛したい部分に光を当てて行うのですが、一瞬だけ光るだけなので、次は位置をずらして行いましょう。

1度照射した箇所には、再び当てないようにすることが大切です。素人が行うので、どうしても隙間ができてしまうこともあるのですが、ダメージを大きくしてしまうよりはマシでしょう。

肌に化粧用の白いペンを使って印をつけておくと分かりやすくなります

照射後の冷却

脱毛が完了したら、再び患部を冷却しないといけません。脱毛直後は痛みを感じなくても、しばらくするとヒリヒリしてくることもあるからです。

脱毛後あまり時間をあけずに、すぐ行うことが重要になります。炎症が起きると痛みだけではなく、かゆみや色素沈着の原因にもなるので注意しましょう。

なお、時間が少し経ったら再度冷却を行うと効果的でしょう。特に肌が赤くなっている場合には、時間を置いて冷却、という手順を複数回行うべきです。

アフターケア

脱毛後に冷却をしたら、それで終了ではありません。その後のアフターケアも大切です。保湿をしっかり行いましょう

おすすめなのは化粧水ですが、肌の弱い人は軟膏を用意しておくのもよいでしょう。保湿も1度だけではなく、複数回行うのが効果的です。

なお、日頃の肌の状態を良くしておくことも脱毛効果を高める近道となります。特に肌の黒ずみがある場合、脱毛の際の光が黒ずみにも反応してしまい脱毛効果が下がってしまいます。

そこで、黒ずみに対して効果が高いと評判の「アットベリー」がおすすめです。「アットベリーの体験レビュー」でもご紹介していますが、美容成分が多く含まれており使い方はとても簡単です。普段から黒ずみが気になるという方は試してみてはいかがでしょうか。

また肌の状態といえば、ニキビも悩む方が多いのではないでしょうか。ニキビを繰返すと治りにくくくなると言われているので、自己流のケアではなくニキビ専用のケア商品を使った方が良いでしょう。

ケア商品のおすすめは「Non.A」で、口コミの評価も高く「やっとニキビを卒業した」という声が多いようです。ニキビも黒ずみと同じく脱毛効果を下げる原因となりますので、しっかりとケアしましょう。

▼確実に脱毛するならサロンで!▼
ミュゼなら〇〇円で脱毛!

自分で脱毛ケアができる!おすすめ家庭用除毛器!

脱毛器でホームエステ

いざ除毛器を購入しようと思っても、様々なメーカーから販売されており、種類がたくさんありすぎてどれを買えば良いのか迷ってしまいませんか?ここからは、人気の売れ筋商品からいくつかおすすめの除毛器をご紹介します。

また、除毛器や脱毛器の使用感・レビューについても、脱毛ラボ・ホームエディションを使った体験記事がありますのでご参考くださいませ!

ブラウン|自宅光美容器 シルクエキスパート


男性用の電動シェーバーで有名なブラウンは、女性用の脱毛器も販売しています。「自宅光美容器 シルク・エキスパート」は、フラッシュ式を採用した脱毛器。

肌の色を自動で読み取り、出力の強さを自動調節してくれますので面倒な設定もいらず、スイッチを押すだけで使えます。自動調節なので使ってみて想像より痛かった、などということが少ないです。

充電コードを繋いだまま使用することもでき、処理中に充電切れの心配をする必要もありません。手足はもちろん、顔やビキニラインなどのデリケートゾーンにも使用可能。

連続フラッシュモードを搭載しているので照射時間が短く、両脚の処理も10分程度で終わるなど、隙間時間のお手入れにも使いやすい商品です。

パナソニック| 光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP82


大手家電メーカーのパナソニックからは、「光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用>」という脱毛器をご紹介します。付属のアタッチメントを交換することで顔やボディ、ビキニライン、男性のヒゲにまで使用することができます。

照射面が広く照射スピードも速いので処理はスピーディでストレスを感じにくいでしょう。
Wランプ連続発光という、2本のライトを使い照射することで刺激を抑え、さらに波長調整フィルターを搭載し、光エネルギーを吸収するため肌に優しくケアができます。

出力レベルは5段階が選ぶことができ、自分に合った強さで脱毛を行えます。合間ケアをしたい人も、しっかり丁寧にケアしたい人も、幅広いシーンに応えてくれる脱毛器です。

エムロック|KE-NON(ケノン)


ケノンは脱毛だけでなく美顔器にもなり、自宅でエステサロン並のケアができると人気の高い商品です。脱毛用のカートリッジは照射の広さや回数別に4種類、美顔用のカートリッジがあり、さらにフラッシュ式とは別に眉毛の脱毛機能も搭載されており、1台で様々な用途に使用できます。

照射レベルは10段階もあり、自分の肌や毛の太さ、痛みに合わせて少しずつ調整できるのは安心できますね。カートリッジは単品でも購入できるので、効果が感じられなくなっても本体ごと買い換える必要はなくコスパも抜群。

収納ボックスはバッテリーを積んでいるため少し大きいですが、本体の重量は軽くて使いやすいです。自宅での脱毛を長く続けたい方におすすめしたい商品です。

ヤーマン|レイボーテ Rフラッシュ ダブル


数多くの美容家電や健康機器を開発しているヤーマンには、レイボーテという脱毛器のシリーズがあります。その中から、レイボーテ Rフラッシュ ダブルをご紹介。

レイボーテ Rフラッシュ ダブルはレイボーテシリーズで最速モデルを謳われており、全身のムダ毛ケアは最短でなんと3分で完了!移動距離を感知するローラーを搭載し、本体を滑らせるだけでフラッシュを照射し素早くケアをしてくれます。

ボタンを押してフラッシュを照射するシングルモードと切り替えることができるので、顔やビキニラインなどのデリケートゾーンもオーバーケアが防げます。スマホのアプリと連動すれば、ローラーの速度判定やヘッド交換のタイミングをお知らせしてくれるなど、便利な機能も。

様々な機能が搭載されているため、説明書をきちんと読んで使用すると良いですね。

トリア|パーソナルレーザー脱毛器4X


最後にご紹介するのは、トリアから発売されている「パーソナルレーザー脱毛器4X」です。家庭用脱毛器の中で唯一レーザー式を採用しており、産毛のような細かい毛から太くて硬いヒゲまでしっかりと脱毛できます。

照射範囲は狭いので照射漏れが起きやすく、広い部位を脱毛するにはムラが残ってしまうこともありますが、狙った部位を脱毛するにはうってつけ。フラッシュ式と比べると痛みは強く出てしまいがちですが、出力レベルは5段階で調節可能です。

重さは少々ありますが、コードレスなのでコンセントの場所を気にせずに使えるのもポイント。痛みの強さよりも脱毛効果を重視する方は、手軽にレーザー式脱毛を試せるこちらがおすすめです。

家庭用脱毛器の効果は?

考える女性
家でお手軽に、出力が抑えられてるとはいえ脱毛サロンと同じ処置ができる家庭用脱毛器は魅力的ですが、本当に効果があるのか心配ですよね。そこで、購入を決める前に、口コミを調査してみました。

調査したのは、ミュゼのS家庭用脱毛器、S.C. EPI PHOTO SKIN CARE PROについてです。

良い口コミ
  • おうち時間で気軽に使用できる
  • 顔にも使えて、脱毛だけでなく美肌モードにもなる
  • 気になるパーツだけをこまめに脱毛できる
  • 口周りの毛が特に効果が実感できる
  • 肌がキレイになった

悪い口コミ
  • 背中などは一人ではやりづらい
  • サロンより脱毛効果が弱い
  • 照射面が小さいから時間がかかる

ミュゼの家庭用脱毛器は、やはり効果はあるようです。脱毛だけでなく、肌自体がキレイになったという口コミがいくつか見られました。しかし、サロンでの施術に比べるとどうしても時間がかかり、自分で照射する以上、背中など手の届きにくいところの照射には苦労するようです。

家庭用脱毛器を使う注意点!

家庭用脱毛器の脱毛
実際に家庭用脱毛器を使う際に、気をつけるべきポイントについて見ていきましょう。

永久脱毛ができるわけではない

家庭用脱毛器の多くの脱毛は、光脱毛を採用しています。永久脱毛は医療機関でしかできない医療行為にあたりますから、家庭用脱毛器で永久脱毛をすることはできません。

家庭用脱毛器で行える脱毛は、毛の量を減らしたり、毛を細くしたりする抑毛効果にとどまるため、一度脱毛をしてしまえば自己処理がいらなくなるわけではありません。

隙間時間で手軽に脱毛ができるのは魅力的ですが、より高い脱毛効果を求めるなら、美容サロンや医療クリニックでの脱毛を検討することをおすすめします。

肌トラブルには注意!

脱毛器は出力が抑えられているとはいえ、原理は美容サロンの光脱毛と同じです。誤った使い方をして最大レベルのまま長時間照射が掛かったりすると、炎症を起こしたり火傷をしてしまう危険性があります。

規定の時間を越えて照射したとしても、脱毛の効果が高くなるわけではなく、かえって肌トラブルに繋がるリスクが高まるため、使用説明書に書かれた使用方法は必ず守ってください。

脱毛サロンを体験してみよう!レポートをご紹介!

実際に「ミュゼ 自由が丘南口店」を訪れた、Hさんの体験レポートをご紹介します!

5月限定の通いたい放題キャンペーンは本当にお得?

Hさん
店舗へ行くルートが、LINEでGoogleMAPが送られてきて道順がわかりやすかったです。7万円相当の脱毛器も付いていて、お得なキャンペーンだなと思いました。ただ、トータルの金額はそこまで安いとは感じなかったです。

※こちらのキャンペーンは月ごとに変更となります。詳しくはミュゼ公式Webサイトを御覧ください。

脱毛に通う期間は?

Hさん
通い放題キャンペーンは5年間有効とのことでした。5年を過ぎても最低24回は通えるということで、しっかり保証してくれているんだなという印象を受けました。実際の金額はそこまで安いとは感じませんでしたが、7万円相当の脱毛器が付いているのは他サロンに比べて強みを感じました。

脱毛したいと感じられましたか?

Hさん
スタッフの対応が、どの方を見てもとてもよかったです。他店ではひどい対応をするスタッフを見てきたので、しっかり教育が行き届いているようで素晴らしいと思いました。脱毛器は美顔器も兼ねているようで、その点も魅力的に感じました。全身ではありませんが、Iゾーンとお尻部分の脱毛をしてみたいなと思いました。

まとめ|家庭用脱毛器は注意点を守って使用する

自宅で永久脱毛に近い効果を得るためには、優れた家庭用脱毛器の購入が欠かせません。高性能で高機能、ハンドピースのカートリッジが優れている機種の場合、比較的簡単に施術できます。

肌質やムダ毛の状態に合わせて照射する光のレベル調整を行える機種も、相応しいと判断できます。

また、サロンと同じように毛周期に合わせて利用することが基本です。1週間から2週間程度の期間ごとに、自分で該当する部位に光を照射させていく方法で、次第にムダ毛の本数が減りその後も1年程度の期間を継続してみると、ほとんどムダ毛が生えてこない状態に仕上げることは決して不可能ではありません。

ただし家庭用脱毛器には注意点があり、照射する前と後に脱毛部位を冷却することが必要です。市販されている保冷剤でも十分に対応できるの必ず行いましょう。

また処理する前に、電気シェーバーなどを使いムダ毛を短くしておくことも大切です。家庭用脱毛器の効果を最大限に発揮することが可能です。

モコ
このように、自宅でできる脱毛では家庭用脱毛器を利用すれば、永久脱毛に近い効果を得られるかもしれませんね~
ロボ
ですが、上記でご紹介しました通り注意点があり、自己管理をしないと脱毛が不十分になってしまう恐れもあります。
モコ
自宅での脱毛では満足できない方は、エステサロンに通ってみることをおすすめします。こちらでも永久脱毛に近い効果でお手入れできるほか、美肌効果も嬉しいところですね~
ロボ
ミュゼプラチナムではお得なキャンペーンも実施していますので、それほど脱毛費用がかからないメリットがあります!

ミュゼのキャンペーンまとめページはこちら!

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼサロンページ_12月

モコ
【会員400万人突破記念】全身脱毛 2回&両ワキ+Vライン無制限通い放題がタダ!!

両ワキ+Vライン回数制限なし・追加料金なしだから、ツルツルになるまでずーっと通えちゃう♪

 

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務