×

自宅で脱毛ケアをするには?|除毛器の比較・解説とおすすめ商品のご紹介!

ムダ毛の処理をしたいと思っても、仕事や家事育児などに追われてしまい、美容サロンや医療クリニックに通う時間をなかなか取れなかったりしますよね。そんな時、家庭用に販売されている除毛器を使ってみるのはいかがでしょうか?

ここでは家庭用除毛器について、できることや使い方を詳しく解説します。人気の売れ筋商品もご紹介しますので、脱毛に関するお悩みをお持ちの方はぜひ検討してみてください!

▼おこもり美容・脱毛におすすめ!▼
ホームエディションの詳細はこちら!

家庭用除毛器の効果は?永久脱毛はできるの?

自宅で手軽に脱毛

家庭用に販売されている除毛器には、美容サロンで行われているような光脱毛ができるものがあります。光脱毛とは、フラッシュのような光を当てて毛根にダメージを与える脱毛方法です。

毛根を弱らせることによって、毛が細く目立ちにくくなったり、生えにくくなったりする効果をもたらします。しかし、美容サロンで使われている機械よりも出力が弱く、こまめな処理が必要です。また、永久脱毛の効果もありません。

永久脱毛できるのは医療脱毛だけ!

永久脱毛と言うと脱毛が完了したら二度と毛が生えてこなくなるといった印象を受けますが、残念ながら文字通りの「永久」脱毛はまだ実現されていません。

永久脱毛は、アメリカの米国電気脱毛協会や米国FDAという団体によって以下のように定義付けられています。

●最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
●3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

つまり、永久脱毛をしたとしても、また毛が生えてくる可能性があるのです。

また、永久脱毛として認められている脱毛方法には医療レーザー脱毛とニードル脱毛がありますが、日本では医療行為にあたるため、医療機関でしか行えないと厚生省から定められています。そのため、家庭用除毛器では永久脱毛は望めません。

関連記事:家庭用脱毛器では永久脱毛できない?

家庭用除毛器でできることは?

それでは、家庭用除毛器ではいったい何ができるのでしょうか?

家庭用除毛器とは、資格や知識がない人でも脱毛が行えるように、出力を抑え簡単に操作できるように作られたものです。

永久脱毛こそできませんが、美容サロンで行う脱毛と同じように毛根にダメージを与えるので、脱毛や抑毛効果が期待できます。美容サロンの予約を取りたくてもスケジュールに余裕がないという人でも、自宅で好きな時間に脱毛することができるのは魅力的ですね。

家庭用除毛器にも1万円前後の安価なものから高額なものまでさまざまな商品がありますが、自分の予算に合わせて製品を買うことができるので、美容サロンに通うより費用を抑えることができるメリットもあります。

家庭用除毛器にも種類がある!使い方をご紹介

女性

ひとくちに家庭用除毛器といっても、いろいろな種類があります。カミソリや電気シェーバーも除毛器に入りますし、熱線で毛を焼き切るものやローラーで毛を挟んで抜くもの、高周波を流して毛を抜き取るものから、サロンのように光脱毛ができるものまでさまざま。

種類によって使える部位も変わります。たとえばローラータイプは毛を巻き込んで抜くため、肌が敏感だったり毛が太く硬い部位には向きませんし、高周波タイプのものは1本1本処理するため、広い部位の処理は時間がかかってしまいます。

その中から、光脱毛とレーザーが脱毛ができる除毛器について、メリットとデメリットをご紹介します。

光除毛器の効果は?メリットとデメリット

フラッシュ式は、美容サロンで使われている光脱毛器を、家庭用に威力を抑え操作を簡単にしたものです。フラッシュ式脱毛器には以下のようなメリットがあります。

●痛みを感じにくい
●照射範囲が広いため、広い部位も短時間で処理できる

美容サロンで使われているものより威力が弱いので、肌への負担が低く痛みを感じにくいでしょう。商品にもよりますが、照射範囲が比較的大きい物が多いため、腕や足、お腹などの広い部位にも使いやすいです。

一方、以下のようなデメリットもあります。

●効果が出るまでに時間がかかる
●肌トラブルの原因になってしまう
●産毛などの細かい毛には効果がないことも

威力が抑えられているので、脱毛の効果を実感できるようになるまでに時間がかかってしまうことがあります。また、威力が弱いとはいえ肌を直接刺激するので、思わぬ肌トラブルの原因につながってしまうかも。異常が起きてしまった場合は、すぐに医療クリニックへ相談してくださいね。

レーザー式脱毛器の効果は?メリットとデメリット

レーザー式は、医療脱毛で使われるレーザー脱毛の出力を弱くしたものです。レーザー式脱毛器には以下のようなメリットがあります。

●脱毛効果を実感しやすい
●ピンポイントで照射するので、狙った部位の脱毛に向いている
●続けることで自己処理がいらなくなるくらいまで抑毛できる

フラッシュ式と比べると脱毛効果が高く、時間も短く感じられるでしょう。

一方で、以下のようなデメリットもあります。
●痛みが強い
●本体が重い
●照射面積が狭く、処理の時間が長くかかってしまう

フラッシュ式脱毛器と比べると威力が強いため、肌への負担も大きく痛みも出やすくなってしまいます。照射面積が狭いため、広い部位の処理をするのに時間がかかったり、ムラができてしまうことも。

関連記事:美容脱毛と医療脱毛の違いも重要!

自分で脱毛ケアができる!おすすめ家庭用除毛器!

脱毛器でホームエステ

いざ除毛器を購入しようと思っても、様々なメーカーから販売されており、種類がたくさんありすぎてどれを買えば良いのか迷ってしまいませんか?ここからは、人気の売れ筋商品からいくつかおすすめの除毛器をご紹介します。

また、除毛器や脱毛器の使用感・レビューについても、脱毛ラボ・ホームエディションを使った体験記事がありますのでご参考くださいませ!

ブラウン|自宅光美容器 シルクエキスパート


男性用の電動シェーバーで有名なブラウンは、女性用の脱毛器も販売しています。「自宅光美容器 シルク・エキスパート」は、フラッシュ式を採用した脱毛器。

肌の色を自動で読み取り、出力の強さを自動調節してくれますので面倒な設定もいらず、スイッチを押すだけで使えます。自動調節なので使ってみて想像より痛かった、などということが少ないです。

充電コードを繋いだまま使用することもでき、処理中に充電切れの心配をする必要もありません。手足はもちろん、顔やビキニラインなどのデリケートゾーンにも使用可能。

連続フラッシュモードを搭載しているので照射時間が短く、両脚の処理も10分程度で終わるなど、隙間時間のお手入れにも使いやすい商品です。

パナソニック| 光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用> ES-WP82


大手家電メーカーのパナソニックからは、「光美容器 光エステ <ボディ&フェイス用>」という脱毛器をご紹介します。付属のアタッチメントを交換することで顔やボディ、ビキニライン、男性のヒゲにまで使用することができます。

照射面が広く照射スピードも速いので処理はスピーディでストレスを感じにくいでしょう。
Wランプ連続発光という、2本のライトを使い照射することで刺激を抑え、さらに波長調整フィルターを搭載し、光エネルギーを吸収するため肌に優しくケアができます。

出力レベルは5段階が選ぶことができ、自分に合った強さで脱毛を行えます。合間ケアをしたい人も、しっかり丁寧にケアしたい人も、幅広いシーンに応えてくれる脱毛器です。

エムロック|KE-NON(ケノン)


ケノンは脱毛だけでなく美顔器にもなり、自宅でエステサロン並のケアができると人気の高い商品です。脱毛用のカートリッジは照射の広さや回数別に4種類、美顔用のカートリッジがあり、さらにフラッシュ式とは別に眉毛の脱毛機能も搭載されており、1台で様々な用途に使用できます。

照射レベルは10段階もあり、自分の肌や毛の太さ、痛みに合わせて少しずつ調整できるのは安心できますね。カートリッジは単品でも購入できるので、効果が感じられなくなっても本体ごと買い換える必要はなくコスパも抜群。

収納ボックスはバッテリーを積んでいるため少し大きいですが、本体の重量は軽くて使いやすいです。自宅での脱毛を長く続けたい方におすすめしたい商品です。

ヤーマン|レイボーテ Rフラッシュ ダブル


数多くの美容家電や健康機器を開発しているヤーマンには、レイボーテという脱毛器のシリーズがあります。その中から、レイボーテ Rフラッシュ ダブルをご紹介。

レイボーテ Rフラッシュ ダブルはレイボーテシリーズで最速モデルを謳われており、全身のムダ毛ケアは最短でなんと3分で完了!移動距離を感知するローラーを搭載し、本体を滑らせるだけでフラッシュを照射し素早くケアをしてくれます。

ボタンを押してフラッシュを照射するシングルモードと切り替えることができるので、顔やビキニラインなどのデリケートゾーンもオーバーケアが防げます。スマホのアプリと連動すれば、ローラーの速度判定やヘッド交換のタイミングをお知らせしてくれるなど、便利な機能も。

様々な機能が搭載されているため、説明書をきちんと読んで使用すると良いですね。

トリア|パーソナルレーザー脱毛器4X


最後にご紹介するのは、トリアから発売されている「パーソナルレーザー脱毛器4X」です。家庭用脱毛器の中で唯一レーザー式を採用しており、産毛のような細かい毛から太くて硬いヒゲまでしっかりと脱毛できます。

照射範囲は狭いので照射漏れが起きやすく、広い部位を脱毛するにはムラが残ってしまうこともありますが、狙った部位を脱毛するにはうってつけ。フラッシュ式と比べると痛みは強く出てしまいがちですが、出力レベルは5段階で調節可能です。

重さは少々ありますが、コードレスなのでコンセントの場所を気にせずに使えるのもポイント。痛みの強さよりも脱毛効果を重視する方は、手軽にレーザー式脱毛を試せるこちらがおすすめです。

使用後はいつもより念入りなケアをして!

スキンケア用品

光脱毛やレーザー脱毛は肌に直接熱を与えるため、肌が熱くなってしまったり乾燥しやすくなったりしてしまいます。肌が乾燥すると些細な刺激でも肌トラブルにつながりやすいので、脱毛処理をした後はいつもより丁寧にスキンケアをして下さい。

肌を洗う際はたっぷり泡立てて強く擦りすぎないようにして、ボディミルクやクリームも保湿力が高く伸びの良いものを選びましょう。刺激の低い、アルコールフリーの化粧水やローションを使用するのも良いですね。

脱毛後は注意!してはいけないこと

脱毛後はスキンケアをしっかりする必要がある以外にも、気をつけなければいけないことがあります。以下のような行動には注意して下さい。

●体温が上昇する行動
脱毛中の日焼け
●施術部位の摩擦

脱毛後は肌にほてりが残っていますが、運動や入浴などをすると体温が上昇して乾燥しやすくなり、炎症などの肌トラブルにつながる可能性があります。アルコールの摂取も血行が良くなり、体温の上昇やかゆみが現れやすくなりますので飲酒は控えましょう。

また、脱毛した部位は他と比べて日焼けしやすくなっています。日焼けをすることで色素沈着してしまったり、肌荒れなどのトラブルに見舞われることも。紫外線対策は念入りにしましょう。

脱毛後の肌は肌バリアが剥がれてしまいとてもデリケートで、引っ掻いたり衣服で擦れるだけでダメージを受けてしまうことも。炎症や肌荒れなど深刻な肌トラブルが起きてしまったら、早めに医療クリニックへ相談してくださいね。

まとめ|除毛器でキレイな肌を手に入れよう!

頬に手を当てる女性

忙しくてなかなか美容サロンへ通う時間がない、通い続けるには予算が心配…など、脱毛したくてもできない理由はたくさんあると思います。そんな時は、家庭用除毛器を使用してみて下さい。

肌へ直接刺激を与えるものですから、使用上の注意や取り扱い説明書はきちんと読み、トラブルが起きた際は医療クリニックへ行くことも視野にいれつつ、自宅でのケアに挑戦してみましょう。

安価な商品から、高機能で高額なものまで様々な種類がありますから、ご紹介した商品を参考に、自分に合う商品を見つけてくださいね。

▼おこもり美容・脱毛におすすめ!▼
ホームエディションの詳細はこちら!

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!ミュゼプラチナム

ミュゼ_10月のオンライン脱毛バナー

モコ
10月からの脱毛はミュゼがおすすめです。100円で両ワキ・Vラインの脱毛5年間通い放題のほか、光美容器をお得に購入できる「オンライン脱毛」が魅力的ですね!

脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは10月限定で、100円で両ワキ・Vライン脱毛通い放題+全身脱毛はじめてコース1回分というお得なキャンペーンプランをご利用いただけます。さらに、月々1,200円のオンライン脱毛も契約者が増えていて、自宅での脱毛お手入れをしたい方におすすめです!

 

オンライン脱毛の詳細についてミュゼ公式サイトでチェック!

 

オンライン脱毛はミュゼ光美容器を自宅で使えるだけでなく、ミュゼスタッフからのオンラインサポートやミュゼコスメのプレゼントのほか、全身脱毛応援コースの利用など様々な特典があるので、確実にキレイになれますね!

ロボ
コロナが不安で外出したくない方でも、光美容器をお得に購入してご自宅で好きな時にお手入れできるので、今の時期にピッタリですね~
モコ
オンライン脱毛では先着1万名様の限定プランなので、お早めに申込・無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう!