×

子供用の除毛クリームはどれがおすすめ?|肌へのやさしさが重要!

2019年06月04日

子供でも小学生高学年になれば、体毛が濃くなっていきます。急に体毛が目立つようになり、気になっている子供もいるかもしれません。しかし、カミソリを使わせるのは危険で、毛抜きでムダ毛を抜かせるのも出血などのリスクがあります。

また、小学生くらいだとエステサロンが利用できないことも多いでしょう。そのような場合におすすめなのが、除毛クリームを使うという方法です

モコ
子供用の除毛クリームでは、除毛効果が高いのは避けましょう~
ロボ
お肌への負担が少ない除毛クリームがいいですね!

子供向けの除毛クリームを選ぶポイント・基準は?

子供向けの除毛クリームを選びたいという場合、いくつかのポイントがあります。まずは、できるだけ肌に優しいものを選ぶということが挙げられます。子供は大人に比べて皮膚が薄く、肌がかなり弱くなっています。

大人が問題なく使える除毛クリームでも、子供が使うと肌荒れを起こすこともあるので注意が必要です。そのため肌に良い保湿成分が多く含まれているものや、刺激の強い成分が使われていない商品を選ぶようにしましょう。

また、除毛効果が高すぎる商品にも注意が必要です。子供のムダ毛は大人と比べて長さも太さもありませんし、高い除毛効果は必要ないのです。

除毛効果が高すぎると肌への負担が大きくなってしまうだけであるため、効果が高すぎないものにすることがポイントです。基本的に男性向けの商品は除毛効果が高いとされているため、避けた方が無難です。

肌に優しいものなら除毛効果もあまり高くないので、成分をしっかりチェックしてから購入しましょう。女性向けの除毛クリームや敏感肌用と書かれている除毛クリームなら、安心して使うことができます。

子供は肌が弱いため特に注意|使用の際に気をつけておくべきこと

除毛クリームの影響が気になる人

子供が除毛クリームを使う場合、大人とは少し使い方が異なります。肌トラブルを避けるために使用上の注意点を、しっかり守るようにしましょう。

まず子供が除毛クリームを使う場合、放置する時間を商品に書かれている時間よりも短くする必要があります。子供は大人より肌が弱いですし、大人ほどムダ毛が濃くないので時間が短くても効果を得られます。

除毛クリームの取扱説明書は大人が使用することを想定しているため、子供が使う場合はそれを守る必要はないのです。

ちなみに、どのくらいの時間が良いのかということは商品によって違いが出てきますし、実際に塗ってから確かめるのがおすすめです。毛が溶けてきたのを見てから流すと良いのですが、だいたい5分程度で十分でしょう。

初めて除毛クリームを使う場合、パッチテストをすることも大切です。除毛クリームが肌に合わなかった場合、肌全体が炎症を起こして赤くなってしまうこともあるのです。

そのようなリスクを避けるため、事前のパッチテストで相性を確認してから使用しましょう。また、使用中に赤みや痒みなどが発生したらすぐに使用を中止することも大切です。

まとめ|お肌にやさしい除毛クリームがベスト!

ムダ毛の自己処理として、カミソリや毛抜きをイメージする人も多いでしょう。しかし、このような方法はデリケートな子供の肌にとっては負担が大きくなってしまいます。

肌に優しくキレイな仕上がりを目指すなら、除毛クリームの使用がおすすめです。クリームを使う時には正しい使用方法をきちんと守り、肌トラブルを防止しましょう。

モコ
除毛クリームの関連記事もご参考くださいませ~
1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!ミュゼプラチナム

ミュゼ_9月のオンライン脱毛バナー

モコ
9月からの脱毛はミュゼがおすすめです。100円で両ワキ・Vラインの脱毛5年間通い放題のほか、光美容器をお得に購入できる「オンライン脱毛」が魅力的ですね!

脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは9月限定で、100円で両ワキ・Vライン脱毛通い放題+全身脱毛はじめてコース1回分というお得なキャンペーンプランをご利用いただけます。さらに、月々1,800円のオンライン脱毛も契約者が増えていて、自宅での脱毛お手入れをしたい方におすすめです!

 

オンライン脱毛の詳細についてミュゼ公式サイトでチェック!

 

オンライン脱毛はミュゼ光美容器を自宅で使えるだけでなく、ミュゼスタッフからのオンラインサポートやミュゼコスメのプレゼントのほか、全身脱毛応援コースの利用など様々な特典があるので、確実にキレイになれますね!

ロボ
コロナが不安で外出したくない方でも、光美容器をお得に購入してご自宅で好きな時にお手入れできるので、今の時期にピッタリですね~
モコ
オンライン脱毛では先着1万名様の限定プランなので、お早めに申込・無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう!

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務