×

完全ガイド!脱毛の全てを理解し、自分に合った選択をするための8ステップ

2024年01月24日

脱毛をする理由は様々です。毎日のように無駄毛処理を繰り返す時間節約や、スベスベな肌を手に入れるため、外見に対する自信や安心感を得るため、運動や仕事、趣味など様々なライフシーンで体験する不快感や困難を和らげるためです。そして最も重要なのは、自分自身の望むビジュアルや感覚を実現するための一歩となることでしょう。

この記事では、脱毛の理解を深め、自分に合った選択ができるような8ステップを解説します。

なぜ脱毛をするのか?

脱毛のメリット

脱毛には数多くのメリットがあります。まずは、無駄毛処理から解放されることで時間を節約できる点です。毎日のヒゲそりや脇の処理、髭や脱毛など、何となく面倒に感じる無駄毛処理からの解放は、毎日の生活の快適さや時間の有効活用につながります。また、無駄毛処理による肌トラブルも減るため、肌が健やかに保たれるという利点もあります。

また、外見を気にせずに好きなファッションを楽しむこともできるようになります。無駄毛がなくなると、露出の多い服装でも心地よく、自信を持って過ごすことができます。そして、スポーツをする際の不快感が和らぐこともあります。泳ぐ時に無駄毛が気にならない、または激しい運動をしても肌に対する摩擦が少なくなるなど、スポーツのパフォーマンスをサポートします

さらに、自分自身のイメージやビジュアルを実現できることも大きなメリットと言えるでしょう。自分が望む肌の状態を手に入れることができることで、自己値段の確立や自信の向上につながるのです。

脱毛のデメリット

しかし、脱毛にもいくつかデメリットが存在します。まず、時間と費用を要するという点です。一度の脱毛で完全に無駄毛がなくなるわけではなく、数回に分けて何ヵ月も施術を受ける必要があります。そのため、時間的な負担や費用的な負担がかかります。

また、施術の効果は体質や毛質による差があるため、必ずしも望む結果が得られるわけではありません。特に、毛質が太い方や毛量が多い方、濃い色の毛の方であればあるほど効果に差が出やすいと言われています。更に、時に肌トラブルを引き起こすこともあります。脱毛後に赤みやヒリヒリ感を感じたり、肌が敏感になることもあります

更に、全ての無駄毛を脱毛することは難しく、部分的な脱毛が一般的です。そのため、全身脱毛を望む場合には更なる時間と費用が必要となり、経済的負担が更に増大する可能性もあります。

脱毛にはメリットとデメリットが存在しますので、自分自身の体質、ライフスタイル、経済状況などを考慮し、最善の選択をしていきます。

脱毛方法とその特徴

レーザー脱毛の特徴

一般的に、最も多くの人々が選択する脱毛方法の一つが、レーザー脱毛です。メラニン色素に反応する特殊な光を毛根に当てることで脱毛効果を得ます。レーザー脱毛の最大の特徴は、高い効果とスピーディーさです。しかしながら、この脱毛方法は痛みを伴うことが多く、また肌への負担も大きいため、敏感肌の人にとっては注意が必要かもしれません。

その他の特徴として、1回の施術で広範囲の脱毛が可能であること、そして短期間で短期的な効果を実感することができる点が挙げられます。ただし、効果を長続きさせるためには定期的なメンテナンスが必要となります。

▶ 脱毛方法ごとの比較はこちら

光脱毛(IPL)の特徴

次に、光脱毛(IPL)について説明します。これは特殊な光を使用して毛根にダメージを与える方法で、レーザー脱毛に似ていますが、用いられる光が異なります。その特徴としては、レーザー脱毛に比べて施術の痛みが少なく、肌へのダメージも軽減されることがあります。

また、光脱毛は色素に反応するため、黒い毛に特に効果的です。しかし、温度調整が難しく、施術者のスキルによっては火傷のリスクがあります。

ニードル脱毛の特徴

最後に、ニードル脱毛の特徴について述べます。ニードル脱毛は、薄い針を直接毛根に刺して電気を通すことにより毛根を破壊する方法です。その特徴としては、レーザーや光脱毛とは違い、毛質や肌の色に関係なく脱毛できる点があります。

ただし、一本一本丁寧に針を刺して行くため、時間がかかるというデメリットがありますが、その分、確実な結果を期待できます。また、完全に無痛というわけではありませんが、一本ずつ処理することで、痛みをよりコントロールすることが可能です。

自己処理と脱毛サロンの比較

自己処理のメリットとデメリット

自己処理の大きなメリットは何といっても手軽さです。自宅でいつでもできますし、必要なツールさえそろえばすぐに始められます。また、処理の頻度やタイミングも自分の都合に合わせられるのが魅力です。

しかしながら、デメリットも無視できません。自己処理にはタイムロスが伴ったり、皮膚にダメージを与える可能性もあるのです。カミソリ負けや肌トラブルを引き起こすこともありますし、やり方によっては毛穴が目立つこともあります。また、根本からムダ毛を除去する訳ではないため、短期間でムダ毛が再生します。

▶ 自己処理の詳細はこちら

脱毛サロンのメリットとデメリット

一方、脱毛サロンのメリットは、専門的な直営と医療機器を利用できる点が挙げられます。サロンでの脱毛は、毛根からムダ毛を破壊し、長期間ムダ毛が再生しない状態をつくります。また、皮膚へのダメージを軽減できる方法を選択できます。

デメリットとしては、定期的にサロンに通うことが必要になるため、時間的、金銭的な負担が必要です。また、脱毛サロンによっては肌トラブルを起こすリスクもあります。衛生管理や施術スタッフの技術力にも注意が必要でしょう。

▶ サロン脱毛の詳細はこちら

自己処理と脱毛サロン、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分のライフスタイルや好み、予算等を考慮した上で、最適な選択をしていきましょう。

脱毛サロンの選び方

価格をしっかり比較する

毛サロンの選び方の一つ目のポイントは、価格をしっかり比較することです。脱毛は一回で終わるものではありません。複数回施術を受ける必要があるため、そのトータルの費用を把握しておくことが大切です。また、サロンによっては初期費用やキャンセル料など、料金体系に差があるため、自分が払うべき費用を正確に理解しておく必要があります。また、割引やキャンペーンを利用することで料金を抑えることも可能です。ただし、割安な料金だけでサロンを選んではいけません。施術のクオリティやサービスの良さも併せて評価する必要があるのです。

口コミをチェックする

脱毛サロンの選び方の二つ目のポイントは、口コミをチェックすることです。インターネットの普及により、口コミ情報は手軽に入手可能です。そこから評判の良いサロン、評判の悪いサロンを見分けることができます。ただし、口コミも個々に違いがあるため、一つの評価だけで判断せず、多くの口コミを総合的に見て判断することが大切です。また、口コミに書かれている体験談から、自分が重視するポイントがサロンに対して満足度が高いかどうかも確認できます。

自分の肌質に合ったサロンを選ぶ

脱毛サロンの選び方の三つ目のポイントは、自分の肌質に合ったサロンを選ぶことです。お肌には人によって弱い部分や強い部分があります。肌質は脱毛の結果に影響を与えるため、肌への負担を軽減するためにも、自分の肌質に合ったサロンを選ぶことが重要です。例えば、敏感肌の人は、施術後のアフターケアが充実しているサロンを選ぶと良いでしょう。自分の肌質を理解し、それにあった脱毛方法を提供しているサロンを選ぶことで、肌トラブルを避けることができます。

脱毛器の選び方

自宅用脱毛器のメリットとデメリット

自宅で使う脱毛器には、まず明確なメリットとして自分の好きな時間に、自分のペースで脱毛ができるという点が挙げられます。加えて、エステティックサロンなどに通う手間が省け、ずっと使われ続ければ長期的に見てコストパフォーマンスも高いです。

しかしデメリットとしては、エステサロンやクリニックのように専門家の手による確実な効果やアフターケアが期待できないという点があります。また、自分で行うために失敗のリスクや肌トラブルの可能性も高まります。痛みに弱い人は、使用感に気をつける必要もあるでしょう。

価格をしっかり比較する

脱毛器の選び方で重要なことは、価格の比較を怠らないことです。無難に見える安価な脱毛器も、長期的に使っていくとコストがかさむ場合があります。また、高額な製品であってもその価値があるかどうか確認する必要があります。比較的安価な脱毛器でも効果に満足できるものなら、それが最善な選択です。

一方で、スピーディーな効果を求めている、またはトラブルが起きた時にしっかりサポートしてくれる製品であれば、高額でも価値があるといえるでしょう。

口コミをチェックする

脱毛器を選ぶ際、口コミ情報をチェックするかどうかでもその選択が変わるかもしれません。実際に製品を使用した人々の評価や体験談は非常に有益な情報源です。特に、自分が敏感肌であるとか、特定の条件がある場合、同じような状況の人々からの意見を聞くことは非常に役立ちます。ただし、口コミ情報はあくまで参考の一つであり、全てを鵜呑みにするのではなく自分自身でしっかりと確認をしていくことも重要です。

脱毛前に知っておくべきこと

脱毛前のスキンケア

不快な肌トラブルを避けるためには、脱毛前のスキンケアが重要な要素となります。

まず最初に行うべきことは、肌の清潔さを保つことです。日々の洗顔や入浴、そして保湿を徹底し、お肌の表面に汚れや余分な皮脂がこびりつかないように注意してください。また、脱毛前日にはお肌の角質ケアも行います。これにより、肌の表面が整い、脱毛したい毛根にレーザーが確実に届くようになります。無理に角質を取りすぎると逆に肌がダメージを受けることもあるため、やさしく行うことが大切です。

さらに、脱毛約1週間前からは日焼け対策も必要です。日焼けは肌を敏感にし、肌トラブルのリスクを高めるため、紫外線を避け、日焼け止めを塗ることが求められます。

脱毛スケジュールの計画

スムーズな脱毛を進行するためには、脱毛スケジュールの計画も重要です。

まず、脱毛サロンやクリニックの予約は、毛周期に合わせると効果的です。一般的には、毛がもっとも成長している成長期に脱毛を行うと、最も高い効果を得られます。成長期は個人差がありますが、だいたい2〜4週間に一度くると言われています。

た、スケジュールを立てる上で注意すべきは、脱毛部位によっても必要な期間が変わることです。例えば、顔や首の脱毛は4〜6週間に一度、腕や脚の脱毛は6〜8週間に一度が目安となります。適切な脱毛スケジュールを計画することで、無駄な回数を減らし、効率的な脱毛を行うことが可能となります。

健康状態と脱毛

最後に、自身の健康状態と脱毛について説明します。体調不良や風邪、生理中は脱毛を避けることが推奨されます。これは、体調が悪い時や生理中は肌が敏感になっているため、脱毛によるダメージが大きくなる可能性があるからです。

また、飲酒後や寝不足の状態での脱毛も避けてください。肌の調子を整えるためには十分な睡眠と適度な運動、バランスの良い食事が必要です。そして、副作用が出た場合や不安な点がある場合は、脱毛する前に専門家と相談しましょう。すべては、あなたの肌を大切にするためです。

脱毛後のスキンケア

脱毛後のスキンケア方法

脱毛後の適切なスキンケアについては、具体的にいくつかのポイントがあります。第一に、脱毛直後は肌が熱を持っていることが多いので、まずは冷やしてあげることが大切です。具体的には、冷たい洗面用水でも良いですし、冷たいタオルを使って肌の表面を冷却する方法も効果的です。

次に、脱毛した部位の保湿も必要不可欠です。特に脱毛後は肌の水分が奪われやすく、乾燥してしまうことが多いです。そのため、保湿ローションやクリーム、またはシートマスクを使用して、しっかりと水分を補給してあげることが重要です。

また、脱毛した後の数日間は皮膚が敏感になりやすいため、強い摩擦や擦り傷を避け、肌を優しく扱うことも大事です。

脱毛後の肌トラブルと対処法

脱毛後の肌トラブルとしてよくあるのが、赤み、かゆみ、乾燥です。これらはすぐに治まることもありますが、長引く場合はすぐに皮膚科を受診することをお勧めします。

赤みやかゆみが出た場合は、冷却や保湿を十分に行うことが大事です。また、かゆみに対しては抗ヒスタミン剤などの外用薬を使用することも効果的です。

乾燥によるトラブルは、保湿クリームやローションをこまめに使用して対処します。乾燥は皮膚のバリア機能を低下させ、刺激に対して敏感になることがありますので、こまめな保湿が重要です。

皮膚が敏感になっている時期は、強い刺激を避けるためにも、香料やカラーリングが含まれていない基礎化粧品を使用することをおすすめします。

脱毛のQ&A

よくある質問とその回答

脱毛についての質問は数えきれないほどあります。最初に、「痛みはどれくらい?」「肌が敏感でも大丈夫?」という質問から始めましょう。個々の痛みの感じ方は異なりますが、脱毛は「ちくっとした感覚」または「ゴムバンドで少しだけ弾かれる感じ」と表現されることが多いです。肌が敏感な人については、施術前にクリニックに相談することをお勧めします。

さらに、「脱毛は何回したら終わる?」という質問もあります。これは、皮膚のタイプや毛の量、色によります。一般的に、6回から12回のセッションが必要とされています。

脱毛に関する迷信とその真実

脱毛についての誤解と迷信は多々あります。「脱毛は発毛を促進する」という誤解は、脱毛を行った部位が初回の施術後にヒゲのように生えてきて、まるで増えたかのように感じるからです。しかし、これは一過性の現象であり、脱毛の本質的な意図とは異なります。

また、「脱毛は肌を痛める」という迷信もあります。しかし、正しく行えば、脱毛は結果的に肌を健康に保つための手段であり、肌を痛めることはありません。このような迷信を一つずつ解き明かしながら、正しい脱毛の知識を身につけていきましょう。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年2月

モコ
94,000円相当のプラセンタ保湿全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回がセットで《総額100円》
19.69775390625MB使用中