×

自己処理による脱毛の手順から肌への影響までの全貌

2023年12月17日

身近な脱毛を起こすために、自宅で自己処理を行うことは一つの解決策です。専門的な技術を必要としない、手軽さが自己処理の大きな魅力でしょう。しかし、誤った脱毛方法をとると、肌トラブルを招くこともあります。

そこでこの記事では、自己処理による脱毛の始め方から種類や特徴、リスクや継続するためのポイントまでを学びます。

自己処理による脱毛の始め方

自己処理に必要な用具

脱毛の自己処理に必要な基本的な用具は、シェービングクリーム、剃刀、保湿クリームとなります。

まず最初に、シェービングクリームを選ぶ際は、肌に優しく、潤滑成分が含まれていることが重要です。

そして、剃刀については、刃が5枚以上あるものや、保護バーがついたものを選ぶと、深剃りによる肌へのダメージを防げます

保湿クリームは剃った後の肌を保護し、乾燥や細菌の侵入を防ぎます。アルコールフリーで刺激の少ないものを選びましょう。

これらを適切に使用することで、自己処理による脱毛を行う準備を整えることが可能です。

脱毛の適切なタイミング

脱毛の自己処理が心地よく、肌にトラブルを起こさないためには、タイミング選びが重要です。

ベストなタイミングは、「毛が伸び始めたとき」「肌が清潔で湿っているとき」の2つです。毛が伸び始めたときに処理するのは、肌への負担を減らし、スムーズな処理を行うためです。また、肌が清潔で湿っている状態であれば、毛穴が開いているため、剃りやすくなります。

例えば、お風呂上がりが最適なタイミングと言えるでしょう。

自己処理の手順とポイント

自己処理を行う際の手順とポイントについて説明します。

初めに、あらかじめ肌の汚れを落とし、適量のシェービングクリームを適用します。次に、毛の流れに沿って剃りますが、肌を伸ばすなどして優しく剃ることが重要です。刃を押し当てすぎると肌が傷つく可能性があるので注意しましょう。最後に、脱毛後は必ず保湿クリームを塗布し、肌を保護します。この過程を忠実に行うことで、肌トラブルを起こさずに脱毛がおこなえます。

自己処理のポイントは、「肌への配慮」が重要で、刃を押し当てすぎずに優しく剃ることが大切です。

自己処理の種類と特徴

シェービングの方法と結果

シェービングはもっとも手軽な自己処理の一つです。必要なものはシェーバーと泡立てネット、シェービングフォームだけ。まず、湯船で皮膚を温めて毛穴を開かせます。その後、シェービングフォームで泡を立て、シェーバーを肌に垂直に置き、毛の生えている方向に撫でるように剃ります。

しかし、シェービングの結果は必ずしも良いものばかりではありません。剃った後の肌は一時的にスベスベになりますが、日に日にムダ毛が生えてきてしまうのです。また、シェーバーが肌に直接触れるため、デリケートな肌の人には肌荒れの原因となることもあります。

脱毛クリームの使用法と効能

次に脱毛クリームの使用法と効能について説明します。脱毛クリームは、塗るだけで毛を溶かしてしまうことができます。肌にクリームを塗り、指定の時間を置き、水または専用のスパチュラで取り除きます。

脱毛クリームの最大の利点は痛みがないことです。また、自宅で手軽にでき、シェービングと比べて肌にダメージを与えにくいのも魅力の一つです。ただし、クリーム成分によっては肌に合わないこともあるため、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

エピレーションの適用と結果

エピレーションは、毛根からムダ毛を抜き取る方法です。ツイザーやエピレーターを使用し、一本一本丁寧に抜き取ります。処理は少々痛みを伴いますが、他の手段と比べてムダ毛が再生するスピードは遅くなります。

よって、長期間ケアを省きたい方、ムダ毛の再生を抑えたい方に適しています。ただし、適用はデリケートな肌や弱い毛根を持つ人には適していません。抜き取った後に生じる肌へのダメージや肌トラブルに注意が必要なのです。

自己処理による脱毛のリスク

肌トラブルの可能性

毎日のように自己処理を行うと、肌トラブルが発生する可能性があります。その一つが肌荒れです。

カミソリや脱毛クリームにより角質層が剥がれてしまい肌がダメージを受けます。さらに、自己処理を頻繁に行うと肌に負担がかかり、赤みやかゆみ、湿疹など肌トラブルが起こる可能性があります

また、不衛生なカミソリを使用すると感染症のリスクも上がるのです。自己処理の方法や頻度を考える時には肌への影響も必ず考慮に入れましょう。

毛の再生パターンの変化

自己処理によって、毛の再生パターンが変化する可能性もあります。

カミソリによる処理では毛根は残ったままなので、再度毛が生えてきます。これが繰り返されると毛穴が拡張するか、毛が太くなる傾向があります。また、カミソリで剃る度に毛根が刺激されてしまい、その度に毛周期が乱れる可能性があります。

毛周期が乱れることで毛が一度に増えるか、毛質が変化する恐れもあります。

肌のあたりとダメージ

さらに、自己処理をしすぎると肌の敏感さが増し、肌へのダメージが深まる可能性もあります。カミソリで剃る際や脱毛クリームを使用する際には、必ず肌に負担をかけずに行うように気をつけるべきです。

また、自己処理後の肌ケアも重要です。肌を保湿することで乾燥を防ぎ、肌トラブルを軽減することが可能です。

自己処理が肌に及ぼすリスクを理解し、適切な処理方法とスキンケアを心がけましょう。

自己処理後のスキンケアの重要性

脱毛後の保湿の重要性

身体の表面で最も広い部分を占める肌は、私たちが生きていく上で強い外部刺激から守る重要なバリアとなっています。そのバリア機能を維持するためには、適度な保湿が不可欠です。

特に脱毛後の肌は、自己処理や脱毛による刺激で余計なダメージを受け、乾燥しやすくなってしまいます。脱毛後すぐに保湿を行うことは、肌のバリア機能を維持し、健康な肌を保つために必要不可欠です。

さらに、保湿は肌の老化防止にも大いに役立ちます。しっかりと保湿を行うことで肌はハリと弾力を保ち、シワやたるみを防止することができます。

肌を保護するための措置

肌を保護するためには、日々のスキンケアが必要ですが、それだけでなく特別な目的ごとの対策も必要です。自己処理後は、肌が刺激にさらされるため、肌を守るためのスキンケアが重要になります。

まず、清潔な状態を保つことが大切です。汚れや余分な皮脂を取り除くことで、毛穴の阻害を防ぎ、肌トラブルを防ぐことができます。また、保湿は肌のバリア機能を高め、外部刺激から身を守るのに大切な役割を果たします。日焼け止めを使用して日差しによるダメージを防ぐことも、強い外部刺激から肌を守る有効な措置です。

肌のトラブルの対処法

肌のトラブルが発生した場合、迅速な対処が求められます。

自己処理後の肌は角質が剥がれやすく、痛みやかゆみ、赤みといった症状が発生しやすいです。その際に、すぐに保湿を行い肌の乾燥を防ぐ事が大切です。さらに肌にやさしい化粧品を使用し、肌に余計な刺激を与えないよう注意することも大切です。また、症状が長引く場合や悪化する場合は、早めに皮膚科を受診し専門的な治療を行うことが必要です。

万全な肌のケアは、美しい肌を保つだけでなく健康を維持するための重要なステップです。

自己処理と専門的な脱毛の違い

効果の違い

自身での脱毛処理は、皮膚表面の毛を取り除くことが主な目指す効果です。一方、専門的な脱毛はその根元から毛を削除することを目的とします。このため、自己処理では数日から一週間ほどで毛が再び現れますが、専門的な脱毛では数週間から数ヶ月遅れで毛が生えてきます。さらに持続的な専門的脱毛は、毛の量そのものを減らす効果もあります。自己処理だけでは得られない永続的な効果が、専門的な脱毛の大きな魅力となります。

リスクの違い

自己脱毛はニードルやカミソリを使って皮膚表面のみで処理するため、カミソリ負けや肌荒れ、毛穴の炎症などのリスクが伴います。また、不適切な方法で行うと肌を傷つける恐れもあります。それに対して、専門的な脱毛は一般的に肌へのダメージが少ないとされています。しかし、専門的な脱毛では施術による一時的な肌の赤みやかゆみ、稀にアレルギー反応が現れることもあります。しかし、これらは一時的なものがほとんどで、適切なアフターケアにより管理することが可能です。

コスト面の違い

初期投資として、自己処理の脱毛器具は比較的安価です。定期的に刃を交換するなどの維持費はかかりますが、一度に大きな出費はありません。しかし、自己処理だけでは完全な脱毛は困難で、長期的に見ると経済的な負担が増えるでしょう。対して、専門的な脱毛は初回の費用が高価ですが、その結果は長期的に鑑みれば経済的です。皮膚トラブルによる付加的な医療費や、自己処理に使用する時間と労力も節約できます。また、専門的な脱毛は定期的なメンテナンスが必要ですが、その費用は初回の施術費用を下回ることが多いです。

自己処理を継続するためのヒント

効果的なシェービング方法

シェービングの効果を最大限に引き出すためには、まずは正しい道具選びから始めます。肌に優しいシェービングフォームやクリーム、そして刃の鋭いカミソリを選ぶことが大切です。また、シェービングする前には必ず肌を温めて毛穴を開くようにしましょう。

次に、シェービングの方向にも注意が必要です。無理に逆方向からシェービングすると、肌に負担をかけるだけでなく、肌トラブルの原因にもなります。毛の生える方向を確認し、それに沿ってシェービングすることが肝心です。

肌トラブルを防ぐ方法

肌トラブルを防ぐためには、まずは自己処理後のスキンケアがポイントです。シェービングや脱毛後の肌はデリケートな状況にあるため、肌に優しいローションを使用して保湿しましょう。また、肌が荒れやすい場合は、刺激の少ない無添加のスキンケア商品を選ぶと良いでしょう。

さらに、シェービングや脱毛は肌に負担をかけるため、肌の状態に合わせた頻度で行うことがおすすめです。強くこすりすぎると肌トラブルを引き起こすことがありますので、注意が必要です。

脱毛スケジュールの管理

脱毛スケジュールの管理は、自己処理を継続する上での大切な要素です。定期的に脱毛を行うことで肌負担を減らし、スムーズな仕上がりをキープすることが可能です。

また、自己処理の決められたスケジュールを作っておくと、無理なく継続することができます。例えば、一週間に一度のシェービングや、数ヶ月に一度の脱毛サロンへの通いなどをスケジュールに入れておくと良いでしょう。

しかし、スケジュール作成も肌のコンディションにより柔軟に変えることが大切です。肌に炎症が起きている時などは脱毛を控え、肌の調子が整うまで待つことが必要です。自己処理と肌の相談をしながら、最適なスケジュールを作成していきましょう。

自己処理脱毛のFAQ

頻繁な剃り直しは必要か

脱毛の自己処理において少なからず悩まれることが、「どの程度の頻度で剃るべきか」という問題です。特に體毛が太く、濃い方や生えるスピードが早い方は頻繁に剃り直しが必要に感じてしまうことでしょう。しかし、頻繁に剃ることで肌を傷つける可能性がありますので注意が必要です。剃る頻度は毛の成長スピードや自分の美容理想によりますが、基本的には肌にダメージを与えない程度に剃ることが推奨されます。

快適な自己処理脱毛をするためには、肌への負担を減らすためにも実際に毛が気になる程度に生えてから剃るのが良いでしょう。また、肌に優しい電気シェーバーの使用や剃った後の保湿ケアなども大切です。

ヒゲの自己処理について

男性特有の悩みといえば、ヒゲの自己処理です。毎日のように剃る必要があるヒゲ処理は、しっかりとした手入れが必要で、正しい方法で行わないと肌トラブルを引き起こすこともあります。自己処理の際には、剃り始める前には肌を温めて毛穴を開かせ、ヒゲを柔らかくすることが一番のポイントです。これにより、剃り残しが少なく、肌への負担も軽減できます。

さらに、ヒゲの処理後のスキンケアも大切です。皮脂や汗、ヒゲ剃り後の肌刺激を防ぐためにも、清潔に保ち、保湿を行いましょう。ヒゲの脱毛法にも様々ありますが、肌の状態や自分の好みに合わせて選ぶことが大切です。

毛抜きで脱毛するのは良いか

毛抜きでの脱毛は、一本一本丁寧に抜く分、仕上がりは綺麗になりますがその反面、痛みや肌へのストレスが伴います。また、毛抜きで処理した部位は毛穴が開き、汚れが入りやすくなるなどのデメリットもありますので、注意が必要です。毛抜きを使用する際には、清潔な状態で行い、処理後はしっかりと保湿をしましょう。

しかし、大量の毛を抜く際や、敏感な部位の処理には毛抜きはあまり推奨されません。美容皮膚科や脱毛サロンなど専門的な場所での脱毛が肌へのダメージも少なく、安心です。自己処理脱毛は自分の肌状態を見ながら適切な方法を選び、きちんとケアすることが重要です。

ホームパーティッケーション上の自己処理方法

毛のタイプごとの適切な自己処理方法

毛のタイプにより、最適な自己処理方法は変わります。

例えば、薄く細い毛にはカミソリや脱毛クリーム、太くて硬い毛には電気シェーバーや脱毛器が有効でしょう。絶対的なルールはないですが、実際には、皮膚の状態や肌の弱さも考慮に入れる必要があります。敏感肌の場合は、摩擦を与えずに毛を除去できる脱毛クリームを選ぶことをおすすめします。肌が丈夫な人は、カミソリや脱毛器を使っても肌トラブルを起こさないでしょう。

選ぶ際は、肌の状態と毛質を考慮して、自分に適したものを選ぶことが重要です。

機器の選び方と使い方

ホームケアする上で、機器選びは非常に重要なステップといえます。

まず、自己処理に使用する機器の種類には、カミソリ、電気シェーバー、脱毛器があります。イチオシは、毛の再生を遅らせてくれる点で、脱毛器です。しかし、値段が高いので、まずはカミソリや電気シェーバーから始めてみてもいいでしょう。使い方は、機器によるので必ず取扱説明書を読みましょう。肌への接触や刺激を最小限に抑えるため、保湿クリームなどを同時に使用することも大切です。

ホームケアに最適な脱毛クリームの選び方

最後に、ホームケアに最適な脱毛クリームの選び方について説明します。

まず注目したいのは、成分です。敏感肌に優しい成分が含まれているかどうか、また、毛を溶かす成分が配合されているかなどを確かめてみましょう。また、使用感も大切なポイントです。べたつきが少なく、塗りやすいものが理想的です。肌にピリピリとした刺激を感じる商品は避けるようにしましょう。最後に、価格や容量もチェックして、コスパが高い商品を選ぶと良いでしょう。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年2月

モコ
94,000円相当のプラセンタ保湿全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回がセットで《総額100円》
19.673675537109MB使用中