×

高校生の間で増加する脱毛の実態と割合に迫る!

2023年12月14日

今や、高校生による脱毛への関心が日本全国で増えています。その背景には様々な要因がありますが、大まかには「自己満足のため」、「スポーツパフォーマンスを向上させるため」、「社会的な動向に合わせるため」など、多岐にわたります。

しかし、脱毛は皮膚に直接作用するため、未熟な皮膚を持つ高校生にとっては慎重に行うべきです。特に皮膚への影響、費用面、アフターケアの必要性は、注意深く考えて行動すべきポイントとなります。

これからご説明する、未成年の脱毛の実態と割合、サロンの選び方等を参考にしてみてください。

高校生が脱毛を始める理由

ムダ毛へのコンプレックス

自分の身体に不満を持つというのは、誰しもが経験することでしょう。

それは口元のほくろや二重あご、そしてムダ毛にまたがります。特に若者は、恋愛や友人関係、そして自身の外見に対する意識が高く、彼らの中には「ムダ毛を自己満足のために減らす」ことを選ぶ者が少なくありません。ムダ毛が濃いことで、服装に制限が出る、恋人に恥ずかしい思いをさせてしまうなど、様々なコンプレックスを抱えています。そしてそれが、脱毛を開始する大きな原動力となります。

スポーツパフォーマンス向上のため

次に、スポーツを頻繁に行う高校生にとっては、脱毛がパフォーマンス向上の一端を担っています。

例えば水泳では、毛が生えている部位に水の抵抗が生じ、それがスピードに影響を及ぼすと言われています。また、汗蒸散も円滑に行われ、清潔感も保ちやすくなります。同様に、レスリングや柔道などの格闘技においても、皮膚の摩擦を減らすために脱毛を行っている選手も多いのです。

ヘアレスのトレンドに乗っかるため

さらに、若者たちは常に新たな流行に敏感です。“清潔感”や“スムーズな肌触り”を重視したヘアレスがトレンドとなっている今、自身の容姿をトレンドに合わせてみたい、自分をより良く見せたいという欲求から、脱毛をはじめる高校生も増えています。

それは自己表現の一環であり、新たな自分を探し出す旅の始まりかもしれません。

高校生の脱毛の法的問題

成人未満の脱毛は可能か

未成年、特に高校生の脱毛が法的に許されているのか、この点をクリアにしましょう。

実際には、日本国内では18歳未満の未成年者でも、親権者の了解が得られれば脱毛をすることが可能です。しかし、その際には、児童福祉法と医療法の規定が関係してきます。脱毛は医療行為として認識されており、未成年者に対する医療行為は親権者の同意が必要です。また、未成年者自身も施術について充分な理解を持つことが求められます。

したがって、皮膚トラブルを避けるためにも、脱毛処理を希望する高校生が未成年である場合は、親権者の同意と十分な理解出来ることが前提となります。

親権者の同意が必要な理由

では、なぜ未成年者の脱毛には親権者の同意が必要なのでしょうか。

これは、未成年者が契約無効や解除権を行使できる、つまり「未成年者保護の観点」からです。未成年者は、自己の意思で契約を結ぶことが可能ですが、その契約が自分自身の生活を危険にさらすものであった場合、親権者の同意がないとその契約は無効になる可能性があります。また、未成年者自体の判断力が未熟なため、自己責任において契約を結んでしまうと、後々問題が起きるリスクもあります。

脱毛サロンでの施術は、肌に対する刺激が強く、場合によっては皮膚トラブルを引き起こす可能性もあるため、結果的には未成年者の保護の観点から親権者の同意が必要です。

未成年に合わせた脱毛サロンの対応

一方、未成年者向けの脱毛サロンにおいては、彼らのニーズと法律をどのようにバランスさせているのでしょうか。

多くの脱毛サロンは未成年者でも使用できるプランを提供しており、その際には必ず親権者の同意書を求めるなど、法律を遵守した形でサービスを提供しています。また、施術に際しては未成年者の肌の特性に配慮したマイルドな設定で行ったり、痛みを和らげる工夫をしています。これらは未成年者の安全を確保するためであり、親にとっても安心できる対応です。明確に法律を遵守し、客の安全を第一に考えるこれらの取り組みは、良質な脱毛サロンが持つべき姿であると言えるでしょう。

高校生が脱毛によく使う部位とその割合

高校生男子の脱毛部位とその割合

清潔感が求められる現代社会。高校生男子でも、毛深さに悩み毛を脱毛するケースが増えてきています。具体的な部位と割合について見てみましょう。首位は「ヒゲ」で、約60%の男子が処理を行っていると言われています。特にヒゲは成長が早く、毎日剃るのが面倒という理由から脱毛を選ぶ高校生が多いようです。次いで「腕」、「胸」、そして「脇」が続きます。清潔感を保つため、またはスポーツをする上で髪が邪魔にならないようにするため、これらの部位を脱毛する高校生男子が増えているのです。

高校生女子の脱毛部位とその割合

一方、高校生女子の場合、どのような部位が多く脱毛されているのでしょうか。調査によると、「脇」が一番多く、約70%の女子が脇を処理しているようです。次に多いのが「脚」で、夏になると露出が増えることから、この部位を意識する女子が多いようです。そして、「腕」が続いています。これら3つの部位が高校生女子の間で主に脱毛されています。脱毛をすることでヘアケアの手間が減り、日常生活が快適になるため、多くの高校生女子が脱毛に取り組んでいます。

脱毛部位選びのポイント

脱毛部位を選ぶポイントとしては、まず「自分がどの部位の毛が気になるか」を考えることが大切です。その次に、「毛深さ」や「毛の生え方」も考慮するべきです。また、スポーツやファッションによって露出する部位も考慮に入れると良いでしょう。さらに、脱毛は続けることで効果が現れるため、こまめに処理ができる部位を選ぶと効率的です。以上のポイントを考慮しながら、自分に最適な脱毛部位を選びましょう。

高校生におすすめの脱毛の方法

脱毛クリームの利用

まず考えられるのが、脱毛クリームの利用です。この方法なら店舗に通う必要もなく、自宅で自分の都合の良い時間に行うことができます。

脱毛クリームはスーパーやドラッグストア等で手軽に購入することが出来、また比較的低価格なので高校生でも手が出しやすいでしょう。脱毛クリームは毛を溶かす成分が含まれており、塗るだけでムダ毛を落とすことができます。

しかし、皮膚への刺激が強い商品もあるため、商品選びは肌に合ったものを選ぶことが大切です。

また、一時的にムダ毛を落とすことはできますが、根本的なムダ毛の処理にはなりません。気になる方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

自宅でできるIPL脱毛

次にオススメするのが、自宅でできるIPL脱毛です。

IPL脱毛とは、強い光を肌に当てて毛根を温め、ムダ毛を除去する方法です。特殊な機器を使いますが、これも自身の都合が合った時に自由に施術が可能です。専門店に比べると効果は落ちるかもしれませんが、時間と場所を選ばずにできる利点があります。機器には一定のコストがかかりますが、何度でも使えるため長期的に考えれば経済的です。

ただし、使い方を間違えると肌トラブルを引き起こすので注意が必要です。購入前には、必ず製品の詳細な説明を読み、安全に使えるか確認してから購入しましょう。

医療機関での脱毛治療

最後に、もし可能なら医療機関での脱毛治療も選択肢として考えてみてください。

医療機関では、プロの医師による確かな脱毛が受けられます。また、医師がいるため、万が一肌にトラブルが生じてもすぐに対応してもらえます。初回のカウンセリングで自分の肌質や毛質に合った脱毛法を一緒に考えてくれるのもメリットです。

しかし、医療脱毛は他の脱毛方法に比べて費用がかかるため、予算内で計画的に通うことが必要です。また、施術自体にも時間がかかるので、通院計画を立てる時はそれも考慮に入れてください。

高校生が脱毛する際の注意点

皮膚への影響を考える

高校生の皮膚は成長途中であり、大人の皮膚に比べてデリケートです。光脱毛などの治療は、皮膚に一時的な負荷をかけることで毛を薄くしたり、抜けやすくするのです。しかし、そのショックは皮膚にダメージを与える可能性があります。皮膚トラブルを避けるためには、脱毛サロンや専門家から十分な説明を受け、自分の肌質や状態に適した方法を選ぶことが大切でしょう。

また、自己処理による脱毛も皮膚への影響を考えるべきです。刃物を使った処理は肌を傷つける可能性が高いです。そのため、肌に優しいクリームやジェルを使用するなど、方法にも工夫が必要です。

費用面での注意点

脱毛は一度で完全に終わるものではありません。数回繰り返し施術が必要で、その都度費用が発生します。高校生にとっては、バイトなどで自己負担することが一般的ですが、決して安くない脱毛費用は家計にも影響を及ぼします。また、施術後に追加料金が発生することもあります。それらを事前にしっかりと確認し、計画的に支払いを進めていくことが大切です。

さらに、料金設定が不透明な施設は避け、明確に料金やサービス内容が示されているサロンを選ぶべきです。

脱毛後のアフターケアの大切さ

脱毛後は皮膚が一時的に敏感になり、日焼けや摩擦による炎症を引き起こしやすくなります。この期間、適切なアフターケアを怠ると肌トラブルを招く恐れがあります。

日焼け止めや保湿クリームを使ったスキンケアは必須です。また、脱毛サロンでは、アフターケアに関する助言も行っていますので、それを守ることも重要です。自己判断でケアをするのではなく、専門家の意見を参考にするべきです。脱毛はただ単に毛をなくす行為だけでなく、皮膚の健康状態を保つことも大切なのです。

高校生向けの脱毛サロンとその選び方

未成年でも利用できる脱毛サロン

未成年でも利用でき、安心して脱毛施術を受けられる脱毛サロンの選び方について説明します。

まず、未成年だからこそ注意すべき点がいくつかあります。

一つは、親権者の同意書が必要かどうかです。未成年の方が脱毛施術を受ける際には、多くのサロンで親権者の同意が必要となります。そのため、親権者と一緒にカウンセリングに行くことも重要だと言えます。また、未成年者に対して適切な施術を提供できる専門的な知識や設備を持っているかどうかをチェックすることも大切です。

料金がリーズナブルな脱毛サロン

学生にとって、料金面は非常に重要なポイントとなります。一部の脱毛サロンでは、学生割引や初回限定の特典を提供していることがありますので、まずはそのようなサービスを提供している脱毛サロンを探してみてください。

た、全身脱毛や部分脱毛など、どの部位をどの程度脱毛するかによっても料金は変動します。自分の希望する範囲と、その料金を比較検討することで、自分に合った最適なサロンを見つけることができるでしょう。

評判や口コミを確認する重要性

最後に、サロン選びにおいて評判や口コミを確認することの重要性について説明します。

これは脱毛サロンの施術の質や、スタッフの対応など実際に利用した人の生の意見が分かる良い指標となります。口コミによって、施術のアフターケアがしっかりと行われているか、トラブルがあった場合の対応は適切かなど、サロン選びの参考となる情報を得ることができます。

ただし、口コミはあくまで参考の一つであり、全てを信じるのではなく、自分自身でしっかりと確認し、判断することが大切です。

親から見た高校生の脱毛への意識

親の認識と理解

高校生の脱毛に対する親の理解と認識は非常に重要です。

少なくとも、子供が脱毛を必要と思う理由、脱毛が肌に与える影響、そして脱毛処理の範囲を理解する必要があります。これらを理解することで、子供が自己肯定感を持ち、自分の体を大切に扱えるようになるからです。また、親として子供の脱毛への適切なガイダンスが可能になります。

しかし、理解には時間が必要でしょう。これには親自身が学び、調査し、必要に応じて医療専門家に相談することも重要です。それにより、親自身が混乱や誤解を生むことなく、高校生の脱毛への真摯な関心をサポートできるのです。

親とのコミュニケーションの重要性

子供と親とのコミュニケーションは、高校生の脱毛による心身の影響を減らすために重要です。親として、子供が自分の体に対する意識や態度を把握し、適切なガイダンスを提供しなければなりません。

ここで大切なのは、指示や命令をするのではなく、話を聞き、理解し、アドバイスを行うことです。また、時には専門家や医師に相談し、より的確な情報を得ることも重要です。

これにより、子供自身が自身の肌と体への責任を理解し、自己決定を行えるようになるでしょう。

共有すべき情報と安全確保のアドバイス

親から子供へ共有すべき情報は、脱毛の種類、そのプロセス、可能な副作用、そして脱毛による肌のケアについてです。

特に、脱毛が肌に与える影響と安全性については、子供が脱毛について正確な知識を持つために重要です。例えば、脱毛をした後は肌がデリケートになる可能性があるため、日焼け止めを日常的に使うべきだとか、肌の乾燥を防ぐために保湿が大切であるといったアドバイスが必要です。

また、脱毛サロンの選び方や、自己処理の進行方法についても伝えるべきです。これらの情報を提供することで、親は、子供が安全に、自己主導で脱毛を行うのを助けることができるのです。

高校生の脱毛の未来予想

テクノロジーの進歩と脱毛

昔に比べて、現在のテクノロジーの進化により、脱毛も日々大きく進化しています。

痛みを少なくしたり、肌へのダメージを軽減したりする新しい脱毛技術が研究開発され、大手メーカーから順次新製品が発売されます。また近年では、皮膚の状態をリアルタイムで評価し、それに合わせて最適な出力を自動調整するなどの高度な機器も登場しています。

これらの進化は高校生への脱毛のハードルを下げる一方で、個々の肌の状態に合わせた細やかなケアが可能になるため、脱毛後の美肌効果も期待できます。

未成年者脱毛に対する法律の変遷

高校生にとって、脱毛を行う際に一番の障害となるのが、脱毛に関する法律です。未成年者の脱毛に関して、過去には厳しい制限を設ける法律が存在しました。しかし、近年では、世の中のニーズとテクノロジーの進歩に合わせて法規制も緩和が進んでいます。明確な年齢制限を設けず、親の同意があれば未成年でも脱毛が可能となる地域も出始めました。

このような動きを受けて、未成年者の脱毛を提供するエステサロンも増え、高校生の脱毛の選択肢も広がっています。

10年後の高校生の脱毛割合予想

ここまでの脱毛技術の進化や法制度の変遷を考えると、10年後の高校生の脱毛割合は、現在よりもかなり高くなるのではないでしょうか。

脱毛の普及に伴い、美容に対する意識も年々高まっており、すでに高校生でも脱毛を行うのが珍しくなくなっています。将来的にはより高度な脱毛技術が登場し、さらなる法規制の緩和が進む可能性もあります。

それに伴い、高校生の脱毛の割合は増加し続け、1人でも多くの高校生が、自分自身の美容意識に合わせた脱毛を選択できる状態になることでしょう。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年2月

モコ
94,000円相当のプラセンタ保湿全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回がセットで《総額100円》
19.705718994141MB使用中