×

脱毛と電気屋の意外な関係性:家庭用脱毛器の選び方と使用方法

2024年01月16日

私たちは、美しさと自信を持つために、必要以上の体毛に戦いを挑みます。しかし、脱毛エステやクリニックは費用が高く、全身脱毛するには時間もかかります。そこで注目されるのが、「家庭用脱毛器」です。脱毛サロンに通わなくても、自宅で好きな時に脱毛ケアが行えるのは、まさに画期的と言えるでしょう。しかし、種類が豊富な家庭用脱毛器を選ぶ際、どのようにポイントを絞り込み、選ぶべきか迷う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、家庭用脱毛器の選び方から使用方法、メンテナンスまで解説します。

家庭用脱毛器の選び方とポイント

電気屋で購入できる主要な家庭用脱毛器

電気屋に行けば、一般的に多数の家庭用脱毛器が展示されています。それぞれの製品には、違った機能と特性が備わっており、自分のニーズに合うものを選びましょう。

例えば、「フラッシュ脱毛」は本体を肌に密着させ、光を当てることで毛根にダメージを与える方式です。「レーザー脱毛」は、レーザー光線を皮膚に照射して組織温度を上げ、毛根細胞を破壊する方式です。どちらも効果的な方法ですが、痛みの強さや使用感、処理速度などで違いがあるため、自分の肌質や脱毛部位、使用頻度により選び方も変わるでしょう。

▶ 各方法の詳しいメリット・デメリットの解説はこちら

家庭用脱毛器の機能と値段の比較

脱毛器を選ぶ際、機能と値段は大きな判断基準の一つです。

多機能であればあるほど高価格帯になりますが、必要な機能があればそれだけ早く効果が出るでしょう。例えば、冷却機能付きの家庭用脱毛器は、光脱毛の熱さを和らげて肌へのダメージを軽減し、安心して続けられますまた、照射範囲が広い脱毛器は、大きな部位の脱毛時間を短縮できます

ただし、値段だけで選ぶと、購入後に気になる機能がなかったり、逆に不必要な機能が多かったりすることもあります。予算とニーズをしっかり見極めて選ぶことが大切です。

デリケートゾーンにも使える家庭用脱毛器

最近の家庭用脱毛器は、デリケートゾーンにも使用できるものが増えてきました。ただし、デリケートゾーンは肌が薄く敏感なため、使う機種や方法には注意が必要です。適度な痛みと共に毛根が破壊されるフラッシュ脱毛は、強さを調節できるものを選びましょう。

また、レーザー脱毛器は、痛みが少ない反面、脱毛効果が現れるまでに時間がかかることを理解しておきましょう。市販の家庭用脱毛器でデリケートゾーンを扱う際は、適切な方法で、そして痛みに対する自分の耐性を考慮して使うことが大切でしょう。

電気屋で試せる家庭用脱毛器

試せる家庭用脱毛器のリスト

電気屋ではさまざまなメーカーの家庭用脱毛器がおいてあります。例えば、パナソニックの「ソイエ」は手軽に使える人気商品です。また、フィリップスの「ルメア」も試せますし、トリアの「トリア・ビューティー」も試すことが可能です。

これらはどれも高評価を得ている商品なので、価格や使い勝手を実際に試しながら最適な商品を見つけることができます。

具体的な使用感と効果

それぞれの家庭用脱毛器は、同じ脱毛とはいえその使用感や効果は異なります。

例えば、「ソイエ」は手軽さを特徴としており、毛周期に合わせて使うことでいつでもなめらかな肌を保つことができます。

「ルメア」は照射部位を絞り込むことができ、敏感な部位への脱毛に最適です。

また、「トリア・ビューティー」はレーザー脱毛が可能なのが特徴で、確実な脱毛効果が期待できます。

試す際の注意点とマナー

電気屋で家庭用脱毛器を試す際には、何点か注意すべき点とマナーがあります。

まず、使用前には必ず店員さんに確認をして、デモンストレーションを見せてもらうことが大事です。次に、デモ用の器具を使用する際には、自分の肌の状態に気をつけること。脱毛器具は高熱を出すものもあるため、火傷や肌トラブルを避けるためにも注意が必要です。

また、多くの顧客が触れるため、衛生面にも注意が必要です。また、他の人が試すためのスペースや時間を尊重する、というのも重要なマナーとなります。

家庭用脱毛器の安全性

各メーカーの安全対策

家庭用の脱毛器は、メーカー各社によって安全対策がとられています。例えば、一部の製品では、光の強さを調整する機能や肌に直接触れる部分には低刺激の素材を使用しているなど、ユーザーの肌への負担を軽減する工夫がされています。また、使用前に肌の状態をチェックし、肌が炎症等を起こしていた場合は自動的に使用を停止する機能を搭載している製品もあります。

しかしながら、全ての脱毛器が同じ機能を搭載しているわけではありません。それぞれのメーカーによる、製品特性やターゲットとするユーザー層、価格設定などにより、安全対策が異なるため、購入前によく比較検討することが重要です。

使用上の危険性とその防ぎ方

家庭用脱毛器の使用にあたっては、適切な使い方をしないと肌トラブルを引き起こす可能性もあります。具体的には、高温の光が肌を傷つける、脱毛部位による肌の色素沈着、熱や光による炎症などが考えられます。特に、初めて使用する場合や敏感肌の方は注意が必要です。

これらのリスクを避けるためには、まず使用前に必ず取扱説明書を読むことが大切です。次に、肌のコンディションを見極めることも重要です。肌が刺激に弱い状態(日焼けした状態や乾燥が進んでいる等)ではないことを確認してから使用しましょう。

効果とリスクの比較

家庭用脱毛器を使用する上での大きな魅力は、エステサロンやクリニックに通うことなく、都合のいい時間に自宅でケアができることです。また、繰り返し使用できるため、と言えます。

一方で、エステサロンや医療クリニックのプロが行う脱毛と比べると、家庭用脱毛器は効果が出にくいと感じる人もいるかもしれません。また、上述したように間違った使用方法をすると肌トラブルを引き起こすこともあります。

したがって、脱毛器の選び方や使用方法に気を付け、家庭用脱毛器の利点を享受しながらリスクを最小限に抑えていくことが大切でしょう。

家庭用脱毛器のデメリットと対策

使い続けることで起こる肌トラブル

家庭用脱毛器の使用により、最も気になるのが肌トラブルではないでしょうか。継続的に使用することにより、肌が乾燥したり、炎症を起こしたりするリスクがあります。そもそも、脱毛器は毛根を破壊するための強い熱を使用しますので、特に敏感肌の方は使用に注意が必要です。

また、自己処理なので、施術が不適切だった場合には肌を傷つける可能性もあります。特に初めて使う方は技術不足から深く剃りすぎてしまう、あるいは角度がおかしいと肌を傷つけることがあります。

これらの問題を予防するためには、まず肌の状態をよく観察することが大切でしょう。敏感肌の方は使用前にパッチテストを行い肌の反応を確認しましょう。また、説明書をしっかり読んで正しい使用方法を理解することが重要です。

回数の目安とリスク管理

次に、家庭用脱毛器をどれくらいの頻度で使うべきか、またそのリスクをどのように管理すべきか考えてみましょう。推奨される使用頻度を超えてしまうと、肌に負担をかけすぎてしまい、肌トラブルを引き起こす可能性が高まります。

一部の脱毛器は、1日に何回までという使用回数の指定があります。この指定を無視して頻繁に使い続けると、肌が過度に熱を受けて肌トラブルの原因となるのです。また、何度も繰り返し使用することで肌が乾燥し、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります。

リスク管理のためには、まず使用回数を守ることが大切です。また、使用後は肌が敏感になっているため、刺激を避けるべく、強い洗顔料やスキンケア商品を避けましょう。

使用後のケア方法

家庭用脱毛器の使用後のケアは非常に大切です。施術直後の肌は敏感であり、無理に擦ったりすることで肌が荒れる可能性があります。

まず、脱毛後の肌はしっかり冷ましましょう。冷水で洗う、冷却ジェルを使用するなど、熱をしっかり取ることで肌トラブルを予防します。その後は肌の保湿を行い、肌のバリア機能を高めることで肌トラブルを防ぎます。

また、スキンケア商品を使用する場合は、刺激の少ないものを選ぶことが大切です。無香料・無着色・アルコールフリーのものを選ぶと良いでしょう。肌が敏感になっている状態では、刺激の強い製品を使用すると肌トラブルを引き起こす可能性があるからです。

脱毛料金と家庭用脱毛器のコストパフォーマンス

エステやクリニックの料金比較

 エステやクリニックでの脱毛料金は、主に施術の部位と回数によって変動します。

全身脱毛を選択した場合、数十万から数百万円となることが一般的です。また、パーツ脱毛の場合は数万円からとなりますが、ヒゲやVIOなど押さえたい部分によります。

さらに、エステとクリニックでは脱毛方法が異なるため、その効果や料金設定も異なります。たとえば、エステでの光脱毛は痛みが少ない反面、永久脱毛効果はないため数回施術が必要となります。一方、クリニックのレーザー脱毛は一度の施術で永久脱毛が可能ですが、料金は高くなります。

継続使用で見る家庭用脱毛器のコスト

家庭用脱毛器のコストは、初期の購入費用が大きいものの、継続使用することでコストパフォーマンスが良くなるとされています。

一般的に家庭用脱毛器は2万円から8万円の範囲で購入することが可能で、全身脱毛したい場合、エステやクリニックに通うより経済的です。また、自宅で脱毛できるため、時間や移動費を気にすることなくスケジュールに組み込めます。しかし、脱毛効果には個人差があり、エステやクリニックと比較して短期的な結果は見込めません。そのため、長期的な視野でコストパフォーマンスを考える必要があります。

長期的に見たコストパフォーマンス

エステやクリニックでの脱毛と家庭用脱毛器のコストパフォーマンスを長期的に見ると、結論は個々のライフスタイルや予算によるところが大きいです。

時間に余裕があり、短期的な結果を求める方はエステやクリニックを、費用や時間を重視して自分のペースでゆっくり脱毛したい方は家庭用脱毛器を選びます。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分自身の状況を踏まえて、最適な脱毛方法を選ぶことが重要でしょう。

家庭用脱毛器のメンテナンス

使用頻度と寿命

家庭用脱毛器の寿命は、その使用頻度と密接な関係があります。頻繁に利用するほど、消耗部品の劣化が進んでしまうのが一般的です。しかし、逆に使用頻度が低すぎると、期待する脱毛結果が得られない場合もあります。使用頻度は製品ごとに推奨されている周期がありますから、それを参考に使いましょう。同時に、必要なメンテナンスも欠かさないことが大切です。事前の手入れ、使った後の手入れをきちんと行うことで、消耗部品の寿命を延ばすことが可能となります。

故障時の修理・交換方法

さて、万が一家庭用脱毛器が故障した場合にはどうすれば良いのでしょうか。まずは自分で簡単に対処できる場合もあるため、取扱説明書を確認してみましょう。具体的なトラブルに対する解決策が記載されていることもあります。それでも改善されない場合、または部品の交換が必要な状況では、商品保証の規定を確認し、製造元または販売元に連絡することが必要です。修理を依頼する場合、保証期間内であれば無料で修理されることが多いですが、期間が過ぎている場合は修理費が発生します。

正しい保管方法

家庭用脱毛器の正しい保管方法も、製品の寿命を延ばすためには重要な要素です。一度使った後は、清潔に保つために表面を拭き取ってから保管しましょう。また、保管場所も重要です。湿度が高い場所や直射日光が当たる場所は避け、風通しが良くて乾燥した場所に置くことをおすすめします。高温・多湿が電気製品の大敵であることを覚えておきましょう。これらの保管方法を守ることで、家庭用脱毛器の寿命は格段に延び、脱毛効果も長続きします。

家庭用脱毛器の使用頻度と使用法

適切な使用頻度

適切な使用頻度は、使っている脱毛器の種類や自身の肌の状態によります。一般的には、2週間に一回程度が目安とされています。一度の脱毛で全ての毛を脱毛できるわけではありません。髪の毛は3つの成長期があり、その全ての期間で脱毛することが難しいため、一定期間毛が再び生えてくることがあるのです。そのため、脱毛期間中は一定のサイクルで何度も脱毛する必要があります。

また、効果が出てきたとしてもすぐに使用頻度を減らすのではなく、定期的に脱毛処理を行うことが大切です。何度も繰り返し行うことで、毛周期に影響を与え、毛量の減少や毛質の変化を促していきます。

効果的な使用法

効果的な使用法の一つに、脱毛したい部分の肌を清潔にしておくことが挙げられます。また、毛が長すぎると脱毛器がうまく働きませんので、あらかじめシェービングしてから使うのがベストです。シェービングすることにより、脱毛器が肌と直接接触しやすくなり、かつ脱毛したい箇所の毛にエネルギーが集中され、効果的な脱毛が期待できます。

そして、脱毛処理の後は保湿を行うことも大切です。脱毛は肌に負担をかける行為の一つですので、保湿を行うことで肌のバリア機能を高めることができます。

肌への負担を減らす使用方法

脱毛器の使用は肌への負担となるため、それを軽減する方法が以下の通りです。まずは脱毛器の強度です。始めて使う時や、肌の状態が良くない時は弱めの設定から始めることがおすすめです。

次に、かゆみや赤みが出た場合は直ちに使用を中止し、肌が落ち着くまで脱毛器を使わないようにしましょう。また、使用後は必ず保湿を行い、肌のダメージを最小限に抑えるようにしてください。こうした点に注意しながら脱毛器を使用することで、効果的な脱毛と肌への負担の軽減を両立することが可能となります。

おすすめの電気屋と選び方のコツ

おすすめの電気屋ランキング

初めに、電気屋のおすすめ店舗をランキング形式でご紹介します。

1位は、品ぞろえの豊富さと適正価格で知られる「ヨドバシカメラ」です。初心者からプロフェッショナルまで満足できる品揃えが特徴で、最新の電子機器が早く手に入ると評判です。

2位は、店員の接客スキルと高品質な製品で人気の「ビックカメラ」です。

3位は、「ヤマダ電機」です。土地土地のニーズに合わせた品揃えと、地元に密着したサービスが好評です。

4位は、ハイエンド製品や委託商品が豊富な「エディオン」です。

これらのお店は、それぞれ特化した強みを持っているので、自分の求めているものに応じて選んでみてください。

購入時のチェックポイント

次に、電気屋で商品を購入する際のチェックポイントをご紹介します。

まず最初に考えたいのが、自分の目的に合った商品を扱っているかどうかです。ブランドやジャンルなど、自分のニーズに応じた店舗を選ぶことが重要です。次に、商品の価格帯です。同じ商品でも店舗によって価格は大きく変動しますから、価格比較サイトなどを活用して適正価格であるか確認しましょう。

また、アフターケアの充実度も見逃せません。長期間安心して使えるよう、保証期間や修理、メンテナンス体制が整っている店舗を選びましょう。

最後に、電気屋の立地も考えてみてください。店舗までのアクセスや家からの距離も購入時の大切なポイントです。

電気屋のメリットとデメリット

最後に、電気屋を利用する際のメリットとデメリットについて説明します。

まずメリットとしては、やはり商品を直接見て手にとることができる点です。自分の目で確かめられることで、安心感や満足感を得ることが出来ます。また、スタッフの対面接客による質問への回答や、細かな調整も可能です。

デメリットとしては、ネットショッピングと比較すると価格が高めに設定されていることや、品揃えが物理的な店舗面積に制約されるため、取り扱い商品が限られることが挙げられます。これらを考慮して、適切なショッピング方法を選んでください。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年2月

モコ
94,000円相当のプラセンタ保湿全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回がセットで《総額100円》
19.681350708008MB使用中