×

コロナ禍でも脱毛は必要?最新のニュースとトレンドを解説

2023年12月05日

この記事では、新型コロナウイルスによるパンデミックが発生した現在でも脱毛の可能性や美容業界の見通し、そして脱毛ニュースの注目点について詳しく説明していきます。コロナ禍が社会全体に与える影響は大きいですが、美容と健康に関するニーズは依然として高まり続けています。それでは、一つひとつ詳しく見ていきましょう。

コロナ禍で何が変わった?

社会生活への影響

新型コロナウイルスの蔓延により我々の社会生活は大きく変化を遂げました。

マスク着用が日常化し、多くの人々がリモートワークに切り替えました。かつては当たり前であった外食や旅行は、感染リスク回避の観点から控えられるようになりました。また、電車の混雑や人口密集地への懸念から、多くの人々が自転車通勤やウォーキングを選ぶようになるなど、新たなライフスタイルの形成が進んでいます。

これらの変化は、社会の構造そのものが変わる可能性をはらんでおり、コロナ後の新しい生活様式に影響を与えています。

美容業界への影響

コロナ禍では美容業界も大きな影響を受けました。緊急事態宣言等により一時的に営業を自粛するサロンが続出しました。その一方で、自宅で美容を楽しむホームビューティブームが起こりました。スキンケア製品やメイク用品に対する需要が高まり、新たなビジネスチャンスとなりました。また、導入が進むリモートワークですが、ビデオ会議では顔の印象が重要視されるため、美容に対する意識が高まる傾向にあります。

これにより、美容業界は新たな顧客ニーズに対応する製品開発やサービスを追求していくでしょう。

脱毛業界への影響

美容関連業界と同じく、脱毛業界もまた大きな変化を迎えています。コロナ禍に伴う自粛生活の影響で、サロンへ足を運ぶ機会が減少したことで、自宅で手軽に脱毛できる家庭用脱毛器の需要が急増しました。また、緊急事態宣言下でも営業を続けられるよう、オンライン予約や無人受付などデジタル化を進めるサロンも現れています。

脱毛業界がこれまで以上に顧客ニーズへ対応し、サービスを磨いていくことで、新たな価値を提供していくことが期待されます。

コロナ禍での脱毛の意義

在宅ワークと脱毛

昨今の在宅ワークの増加に伴い、出社日数が減った方も多いことでしょう。それにより、自分自身の体面のケアを怠る方も少なくありません。しかし、見えない部位だからといって怠ってしまうのは良くないことです。それは自分自身に自信を持つこと、または自分自身を愛することの一環です。自己処理をする時間を脱毛に情報収集や対策を考える時間に変えることで、より快適な在宅ワーク生活を送ることができるのです。忙しい日々の中で自己処理が疎かになることはよくあることですが、在宅ワークを続けることで、少しずつでも自己処理の時間を削ぐことが可能になります。

自己処理の問題点

そもそも自己処理には多くの問題点が存在します。

一つ目は肌へのダメージです。毛を剃ること自体が肌に対するストレスとなり、摩擦による肌荒れやかぶれが起こります

また、二つ目には自己処理によるムダ毛の悩みが挙げられます。ムダ毛処理後の短いムダ毛が皮膚に刺さり、毛穴に大きな負担をかけることがあります

自己処理の何よりの問題点は、これらのケアを自己判断で行わなければならないという点でしょう。肌荒れや肌トラブルが起こったときに、自己判断で対処することは容易ではありません。

脱毛のメリット

一方で、脱毛には大きなメリットがあります。

まず一つ目は、ムダ毛の処理にかかる手間が省けることです。きちんと脱毛を行うことで、自己処理の時間を大幅に削減することができます。

二つ目は、肌に対する負担が軽減されること。脱毛によりムダ毛がなくなれば、肌への摩擦や毛穴への負担が大幅に減ります

また、三つ目は自分への自信です。脱毛により必要なムダ毛を全て除去すれば、見た目にも自信を持つことができるでしょう。

コロナ禍での脱毛は、自分の時間を有効に使用し、在宅ワークでストレスを感じることなく過ごすための一つの方法と言えましょう。

コロナ禍での脱毛サロンの対策

衛生管理の強化

感染症予防のためには、衛生管理の強化が欠かせません。

特に脱毛サロンでは、直接肌に接触する機器の清潔性保持が重要です。そのため、定期的な消毒作業を徹底し、消毒液を設置し、スタッフ・利用者の手指衛生の徹底を図っています。

また、脱毛サロンでは使い捨てのシーツやガウンを使用し、顧客が直接触れるアイテムの衛生を確保します。

さらに、空気清浄機の導入や定期的な換気も行い、常に清潔で快適なサロン環境を維持し続けることを第一に考えています。

予約制の見直し

一方で、感染リスクを抑えるもう一つの手法として予約制の見直しも行っています。

平時に比べて顧客数を制限することで、店舗内の密を避けるとともに、十分な整理整頓や清掃時間を確保するメリットがあります。プライベートルームの利用者同士の接触時間を限りなくゼロに近づけ、感染リスクを最小限に抑えることが可能となります。

さらに、時間指定型の予約制度を導入することで、顧客同士の接触を防ぐと同時に、より確実なサービス提供を行うことが可能となります。

接客スタイルの変更

接客スタイルの変更もまた、新型コロナウイルス対策の一環です。マスク着用やビニールカーテンの設置など、スタッフと顧客間の感染リスク低減策を導入し、店内感染を防止します。また、カウンセリングや施術中の会話を最小限に抑えるなど、接触時間や飛沫感染リスクを減らす工夫が求められます。

スタッフの健康チェックを徹底し、必要に応じて検温を行うなど、安全性を高める対策も重要です。これらを通じて、脱毛サロンは新しい時代に合った、安全で信頼性の高い接客スタイルの構築に努めています。

安心して脱毛するためのポイント

サロン選びの注意点

まず大切なのが脱毛サロン選びです。近年は脱毛サロンが増え、どこを選べば良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。しかし登場したばかりの安価な脱毛サロンに飛びつくのは危険です。なぜなら、設備やスタッフの技術力が不足している可能性があるのです。安心して脱毛を受けるためには、歴史ある信頼性の高いサロン選びが必要です。

また、自分の肌質や毛質に合った脱毛方法を提供しているかも重要なポイントとなります。事前にきちんとカウンセリングをしてくれるサロンを選ぶことで、無理なくコースを進めることができます。

コロナ禍でも行ける理由

次にコロナ禍でも脱毛を受けることができる理由について説明します。

そもそも脱毛サロンは、衛生管理が徹底されている施設であるため感染リスクが低いのです。特に現状では、全てのサロンがコロナ対策として、定期的な施設の消毒や換気、スタッフのマスク着用を徹底しています。また、一部のサロンでは予約制を導入し、混雑を避ける対策も行っています。

ただし、感染リスクをさらに減らすためには、自身でもマスクの着用や手洗い、咳エチケットを意識することが大切です。

脱毛時の自己防衛策

最後に自己防衛策についてです。

脱毛は肌に直接的な影響を及ぼすため、脱毛前後のスキンケアは非常に重要です。特に脱毛後は肌がデリケートになるため、保湿ケアをしっかりと行い、日焼けを避けることが必要です。

また、アフターケアとしてサロン側から指導がある場合、それをきちんと守ることも大切です。そして、何か肌トラブルを感じたときにはすぐにサロンに連絡し、指示に従うことも大事な自己防衛策と言えましょう。

このように自分自身の対応にもより、脱毛は安心して行えます。

脱毛の最新トレンド

ホームケア商品の人気

脱毛サロンに足を運ぶ時間のない現代人の間で、自宅で手軽に脱毛処理ができるホームケア商品が人気を博しています。ホームケア商品は、高額な脱毛サロンや専門家による治療の負担を軽減し、手軽に安全に脱毛ができる魅力があります。

一方で、出力の調整や適切な使用方法が求められるため、使用者自身がしっかりとした知識を持つことが重要です。また、購入時には信頼性のある製品を選ぶことが大切でしょう。

個々の肌トラブルを予防するためには、品質保証やアフターサポートのある商品を選ぶことがおすすめです。

男性向け脱毛の増加

一昔前までの話をすれば、脱毛と言えば女性のビューティケアの一部でした。しかし、近年では、ビジネスマン、サラリーマン、仕事を頑張る男性たちを中心に、男性向けの脱毛へのニーズも急速に増加しています。多忙な日々の中で剃刀負けやムダ毛の自己処理による肌トラブルに悩む男性が多く、それらを解決するために脱毛を選ぶようになりました。また、清潔感を体現するためやスポーツ選手がパフォーマンス向上の一環として脱毛をするケースもあります。

自然派脱毛へのシフト

近年、発がん物質のリスクが報告されるなど、化学的な脱毛を避ける人が増えており、自然派脱毛が注目を浴びています。

自然派脱毛とは、身体に有害な化学物質を使わず、自然の成分や身体の機能を活かした方法で脱毛することを指します。

例えば、シュガーパスティングという方法では、体温で溶ける砂糖のペーストを使用し、皮膚へのダメージを最小限に抑えながら効率的な脱毛が実現できます。

また、食生活改善やホルモンバランスの整え方を学んで自然体質改善に取り組む方法もあり、そうした取り組みひとつひとつが、今のトレンドである自然派脱毛へのシフトを後押ししています。

脱毛体験者の声

コロナ禍での脱毛体験談

コロナ禍での脱毛体験者からは、様々な声が挙がっております。

「感染恐怖症であまりにも怖くてサロンに通えなかった」「コロナ自粛生活中に自宅で脱毛を始めた」といった体験談から、人それぞれの選択と決断が見られます。また、一部店舗では、サロンが営業自粛を余儀なくされ、通う予定が中断されてしまったクライアントもいました。

逆に、コロナから生まれた新たな需要も見られます。「リモートワークで自宅にいる時間が増え、新たに脱毛器を購入した」「リモートワーク時代の美容意識に変化があった」など、コロナ禍特有の現象が見受けられます。

新型脱毛器のレビュー

次に、新型脱毛器のレビューについてです。

最近の脱毛器は、痛みが少なく、時間も省けて大変使い勝手が良いとの声が多いです。特に、自宅脱毛が主流になりつつある今、一体型の脱毛器が支持されており、「手間がかからず、自分のペースでできるから気に入っている」という声は多く聴きます。新型脱毛器は、従来よりも効率的に、そして痛みを伴わずに脱毛を行えるものが多く、ユーザーからの満足度も高いです。

トラブルとその解決策

最後に、脱毛におけるトラブルと、その解決策についてご紹介します。

まず、脱毛によって肌がピリピリとした、または腫れが出たというトラブルについては、処理後に保湿ローションをつけるなどのスキンケアが必要との声があります。

また、痛みが出た場合や、肌が赤くなった場合は、迷わず皮膚科に相談することが重要との指摘も見られました。

意外と見落としがちな「脱毛後のスキンケア」が、トラブルを未然に防ぐキーとなります

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年6月

モコ
全身脱毛4回+スキンケア脱毛オプション2回ぜーんぶセットで《総額100円》
19.980728149414MB使用中