×

子供の脱毛症 – 症状から治療までの全てを解説

毛症とは、かつては中高年を中心に見られるとされてきた症状でありますが、現代では子供たちにも目立つようになってしまいました。髪の毛が局部的に、または全体的に抜け落ち、うっすらとした白髪のような状態になることが特徴で、その原因となる要素は多岐にわたります。ストレス、栄養素不足、遺伝的要素、自己免疫疾患等、その起因は個々によりますが、大切なのは早期発見、早期治療という点です。

本記事では、子供の脱毛症の、症状から治療までを解説します。

子供の脱毛症の概要

脱毛症とは何か

脱毛症とは、一般的に頭皮から髪が抜け落ちてしまう症状を指し、その範囲や程度によっていくつかの種類に分類されます。

アロペシア・アレアタという病名で知られる円形脱毛症は、局所的に毛髪が脱落する特徴があります。脱毛部分が円形になることからこの名がつきました。

全身性脱毛症と呼ばれるものは、頭髪を含む全身の毛髪が脱落し、極端な場合にはまつ毛や眉毛までもが抜け落ちてしまいます。

これらの脱毛症の形成は、遺伝的要素やストレス、自己免疫疾患、栄養不足など、多様な要素が複雑に絡み合って引き起こされます。

子供における脱毛症の特徴

子供における脱毛症は、大人に比べて特定のパターンがあります。

子供は成長と発達の過程にあり、その身体は日々大きな変化を遂げています。そのため、身体のどこかに異常が発生すれば、それが頭髪の健康にも影響を及ぼすことがあります。例えば、重度の鉄分不足やタンパク質不足など、特定の栄養素が欠けていると、髪の生成が十分に行われず脱毛が生じます

また、期末試験等のストレスや、家庭内での悩み事、友人関係のトラブルなど、子供特有のストレスも脱毛症を引き起こす原因となります

脱毛症とよくある誤解

脱毛症については様々な誤解が広がっています。

特に、「脱毛症は治療不可能」という誤った信念が多くの人々の間に存在しています。しかし、多くの脱毛症は治療可能ですし、早期発見、早期治療が鍵となります。脱毛自体は身体の内部問題を示す「サイン」であり、適切な医療相談や治療を行うことで髪の再生が期待できます

もう一つ、よくある誤解は「脱毛症は遺伝する」です。確かに、遺伝的要素は脱毛症の一因とはなりますが、それがすべてではありません。栄養状態や生活習慣、ストレス等、脱毛症の原因は多岐にわたります。遺伝だけでなくこれらの要素も考慮に入れなければ、正確な理解と対策は得られません。

子供の脱毛症の原因

遺伝的な要素

遺伝的な要素による子供の脱毛症は意外にも頻繁に見受けられます。この脱毛症は両親や親族に脱毛症の方がいるために、遺伝の影響で発症するものです。予防や対策は難しいのが現状ですが、早めに認知し医療機関のアドバイスを得ることが重要です。遺伝的に脱毛症になる可能性がある子供たちは早いうちからフォローアップが必要となるでしょう。

ストレスや病気の影響

削れないストレスや重い病気は体の免疫バランスを大きく崩す可能性があります。長期のストレスは自己免疫疾患を誘発することもあり、その一つとして脱毛症が挙げられます。

また、重い病気の場合は体力が消耗し、免疫力が低下。結果として脱毛が生じることもあります。一度発症してしまうと、その後毛が元通りになるのは難易度が高いです。

生活習慣と脱毛症の関連性

不規則な生活や偏った食事など、生活習慣の乱れが子供の脱毛症に影響します。

例えば、十分な睡眠が取れていないと体の休息が足りず、代謝機能が低下します。その影響で頭皮の状態が悪化し、毛髪の成長環境が悪化します。同様に、偏った食事により栄養バランスが乱れると、髪の成長に必要な栄養素が体内に不足してしまい、これが原因で脱毛が起こることがあります。生活習慣を見直すことで、これらの問題は解決する可能性が高いです。

子供の場合、親の指導が重要となります。食事バランスを考え、十分な睡眠時間を確保することから始めてみましょう。

子供の脱毛症の症状

典型的な症状とその程度

子供の脱毛症が始まる症状として、最もよく見られるのは「円形のはげ」です。頭部の限定的な部分だけがハゲて、その周囲の髪は通常通り生えている状態を指します。病状が進行するにつれて、脱毛部分は広がりを見せ、その形状はさらに大きな円形になる場合があります。

また、初期には抜け毛が増えることもあります。特にブラッシングやシャンプーを行った時などに抜け毛が多くなります。

その他、全体的に髪が薄くなる、まつ毛や眉毛が薄くなるといった症状が現れることもあります。

子供は自分の身体の変化をあまり気にしないことが多いため、保護者が積極的に異変を探さなければならないのです。

症状の進行

脱毛症の進行は早く、無治療のまま放置すれば完全に脱毛してしまうこともあります

症状が進行するにつれて、最初に出現した円形の脱毛部分が次第に大きく広がり、新たに円形の脱毛部分が発生することもあります。最悪の場合、全頭部が脱毛する全頭性脱毛症という症状に進行することもあります。一部の場合では、脱毛部位が頭部から他の部位、例えば眉毛やまつ毛へ広がることもあります。

脱毛症の進行は個々によって異なるため、症状の進行や脱毛の広がり具合で心配事や不安が生じたら、すぐに医療機関に相談しましょう。

髪以外にも影響を及ぼす可能性

脱毛症は、髪以外にも子供の心身へ影響を及ぼします。見た目の変化により自己意識が過度に高まり、心のストレスや過度な恥ずかしさ、孤独感などを感じることがあります。また、周囲からの理不尽ないじめや嘲笑の対象となる可能性も否めません。これらの精神的なダメージは、子供の成長や人格形成に大きな影響を与えるため、親御さんとしては適切なケアやサポートを心がけることが重要です。

治療が進行するにつれて、症状が改善されれば自尊心や自信も回復します。よって、症状の早期発見と適切な対応が何より大切でしょう。

子供の脱毛症の診断

脱毛症の診断方法

脱毛症の診断方法は、おおよそ二つに分けることができます。外観の検査と血液検査です。

最初に、髪の毛や頭皮の変化、抜け毛の具体的な状態など、目視で確認できる外観的な診断が行われます。毛髪の生え方や、髪の密度、抜け毛のパターンなどを医師が細かく確認します。次に、血液検査が行われます。これは、内臓疾患やホルモンバランスの乱れ、アレルギー等、体内的な要因が脱毛症を引き起こしている可能性を調べるためのものです。

このように、脱毛症の診断は外観の検査だけでなく、髪の健康に深く関わる全身の健康状態を評価するために血液検査も重要な役割を果たします。

病院での診断プロセス

病院での診断プロセスは、まず初診で現状の把握と視診による症状の確認が行われます。

医師は子供の頭皮を詳しく観察し、抜け毛の程度や脱毛部位の状態などを確認します。また、その他の体調に関する情報や、家族歴、ストレスの有無なども聴取します。次に、詳しい血液検査が行われます。これにより、代謝異常や内分泌異常、栄養素の不足など、体内の問題が脱毛症に影響しているかどうかを確認します。もし必要があれば、頭皮の生検を行い、細胞レベルでの状態も確認します。

これらの情報をもとに、医師は最適な治療方針を立てます。

自分で見つける方法

脱毛症が始まっているかどうかを自分で見つけるには、一定のポイントに注目することが重要です。

まず一つは、髪の毛がかつてない程度に抜けているかどうか。子供たちは活動的で、髪の毛が抜けるのは自然なことですが、それが普段よりも多いと感じる場合は、脱毛症の可能性が考えられます。

また、頭皮が赤く腫れている、またはかゆみがあり、髪の毛がパッチ状に抜けている場合、すぐに医師に相談することをおすすめします

子供の髪の毛の生え変わりは、その成長と共に変化しますが、その過程で異常なパターンを見つけたら、専門家に診てもらうべきです。

子供の脱毛症の治療

一般的な治療方法

子供の脱毛症の治療方法は、その原因によります。最も一般的な治療法は、特定のビタミンやミネラルの補給です。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、そして鉄分などは髪の健康にとって必要不可欠で、これらの摂取が不足している場合、脱毛が進行します。また、適度な運動と良質の睡眠も髪の健康には重要な要素です。ストレスや不安が原因とされる場合は、心理療法やリラクゼーション法が効果的でしょう。

これらの生活習慣の改善によって、子供の脱毛症の進行を抑制し、新たな髪の成長を促すことができます。

医療的な治療オプション

子供の脱毛症に対して、医療的な介入が必要となる場合もあります。ステロイドクリームやオイル、局所的なステロイド注射、免疫抑制薬などが一般的です。これらは炎症を抑え、髪の毛が再び生えやすい状態を作り出すのです。また、一部の患者さんには、光線療法が推奨されます。この療法では、特定の波長の光が脱毛部位に当てられ、髪の再生を助けます。

医療的な治療は、専門の医師と共にその有用性と潜在的なリスクをじっくりと話し合った上で行われるべきでしょう。

自宅でのケア

自宅でのケアも、子供の脱毛症の進行を抑制する重要な要素の一つです。

まず、髪や頭皮のケアは欠かせません。柔らかいブラシを使用し、髪を優しく梳くこと、強い摩擦を避けることが基本です。

また、適度な保湿も髪と頭皮の健康を保つために必要です。

ヘアケア製品の選択も重要で、添加物や刺激性の成分が少ないものを選ぶと良いでしょう。

そして、健康的な食事と良質の睡眠、ストレスの管理も忘れてはなりません。

これらの自宅でのケアにより、子供の脱毛症を予防し、改善することが期待できます。

子供の脱毛症と生活習慣

食事と脱毛症

子供の脱毛症における食事の重要性は言うまでもなく、体全体の健康を支える基盤となります。髪の毛は体の一部であり、その成長と健康維持には適切な栄養が必要です。抜け毛を防ぐためには、タンパク質や鉄分、ビタミンなどの栄養素をしっかりと摂取することが大切です。特に毎日の食事からこれらの栄養を理想的なバランスで摂ることが望ましいのです。過度な間食や偏った食事は、脱毛症のリスクを高める一因となります。規則正しい食事を心掛け、バランスの取れた食事を提供することが大切です。

運動と脱毛症

運動は、血液の循環を良くし、養分を全身に行き渡らせる効果があります。当然、頭皮への栄養供給も増すため、髪の健康に良い影響を与えます。また、ストレス解消にも繋がり、心身の健康維持にも寄与します。

一方で、過度な運動は体への負担となり、逆に脱毛のリスクを高める可能性もあります。運動は適度な量を心掛けることが重要なのです。

子供には、遊びとして楽しむ形で運動を取り入れることをおすすめします。楽しむことでストレスの軽減と健康の両方を手に入れることができるのです。

睡眠と脱毛症

睡眠は、人間が健康で居続けるためには欠かせない要素です。特に、子供の成長や発育には充分な睡眠が必要不可欠です。身体が休息を取ることで、新しい細胞を作り出し、身体全体の修復や回復を行います。これには、髪の毛の新陳代謝も含まれています。良質な睡眠は髪の健康を支える基盤となります。逆に、睡眠不足は体にストレスを与え、抜け毛や脱毛の原因になりうるのです。子供には適切な睡眠時間を確保することが重要なのです。

子供の脱毛症とメンタルヘルス

脱毛症が子供のメンタルに及ぼす影響

脱毛症が子供の心理に与える影響は計り知れません。髪のヘアスタイルはその人の個性を表す手段の一つであり、それが取り扱いできない子供自身は混乱と自己否定へと陥ってしまう場合があります。

具体的には、自己価値の低下や孤独感、ストレス、悲しみや怒り、恥ずかしさなどのネガティブな感情が湧き上がるのです。これらの感情は持続することで、ディープレスや社交不安など、より深刻なメンタルヘルスの問題を引き起こす可能性があります。

対人関係と自己肯定感の影響

脱毛症の子供たちは、本来ならば無邪気に満ちる対人関係も困難なものとなることが多いです。友達やクラスメートから「髪がない」という理由だけで差別されたり、いじめの対象になってしまったりするケースもあります。これは、子供の自己肯定感を大きく低下させ、恐怖や不安を引き起こしてしまいます。

逆に、周囲の子供たちが適切に理解し、偏見なく接することができれば、脱毛症の子供も自身を受け入れ、自己肯定感を維持することが可能になります。

家族や親の役割とサポート

脱毛症の子供たちへのサポートは、身近な大人たちによる理解と対応が求められます。特に、親や家族が子供の気持ちを優しく受け止め、一緒に解決策を模索することが重要です。病気の理解とともに、子供の適切な情緒調整を支え、ポジティブな自己イメージの形成を助けていくことは欠かせません。

そしてなにより、子供が自身の体験や苦しみについて話しやすい環境を整え、必要なときに適切な専門家への紹介を行うなど、全力でサポートすることが大切です。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼキャンペーン_2024年2月

モコ
94,000円相当のプラセンタ保湿全身脱毛4回+顔脱毛4回+VIO脱毛4回がセットで《総額100円》
19.641464233398MB使用中