×

自分で見えないうなじは除毛クリームで処理!|キレイに仕上げる方法は?

うなじのムダ毛が、気になるという人は多いものです。ただ自分では見えない部位なので、お手入れ方法は限られてしまいます。うなじの自己処理をするのであれば、除毛クリームを使うといいでしょう。一時的にムダ毛を目立たなくしたいのであれば、除毛クリームが手軽な処理方法ですね。

しかし本格的に脱毛したい、今後一切ムダ毛を気にしたくないのであれば、やはりサロンやクリニックでやってもらうことをおすすめします。この場合は費用と時間がかかりますが、自分の理想通りに仕上げることが可能です。

おすすめ脱毛サロンをキャンペーン別で比較!

モコ
うなじのムダ毛処理を除毛クリームでする場合の、メリットとデメリットを確認しましょう(*’ω’*)
ロボ
脱毛サロンでのお手入れも可能ですが、手軽にムダ毛処理をしたい方は除毛クリームが合っていますね♪

▼安さでおすすめ!▼
ミュゼなら〇〇円で脱毛!

うなじを除毛するメリットは?

女性のうなじ
うなじのムダ毛が気になるものの、髪の長い女性は普段は髪に隠れている部分のため、手入れをしていない方も多いのではないでしょうか。しかし、うなじというのは意外と他人の目に触れる機会も多い部分です。そんなうなじのムダ毛の手入れをすることには、メリットが存在します。

たとえばうなじのムダ毛を処理すると、首の周りがスッキリとして首が細く長く見えるようになり、アップスタイルの髪型がより映えるようになります。着物や浴衣などうなじの見える服を着用する際、後ろ姿を気にすることなくキレイに着こなすことができるでしょう。

また、うなじや首の周りは汗をかきやすい部分ですが、ムダ毛を処理することでムレを軽減することができ、清潔に保つことができるようになります。きちんと手入れされた清潔感のあるうなじは、他人の目から見ても良い印象を与えること間違いなしです。

除毛クリームでのうなじの処理方法

目に見えない部分であるだけに、うなじのムダ毛は他の部位よりも気になります。シェービングを利用するという方法もありますが、それよりもお手軽でコストもかからないのが、除毛クリームを使って自己処理する方法です。

クリームを使って処理を行うには、まず髪がうなじにかからないようにまとめておくようにしましょう。次にうなじの部分を濡れタオルなどで拭いて清潔にし、その後むらなく除毛クリームを塗って行きます。

一定時間放置したら、クリームを落とします。落とし方は商品によって異なるので、必ず説明書を読んでおきましょう。その後はシャワーを使い、クリームが残らないように洗い流します。

もしムダ毛が長いと感じた時は、クリームをつける前に適当な長さにカットしておくといいでしょう。また放置している間、クリームを乾燥させないためにラップで覆っておくと、脱毛効果がアップします。

除毛クリームではamazonなど通販で手軽に購入できるものもありますが、ミュゼ除毛クリームは品質が良く、実際に試してみたレビューもありますのでご参考までに!

▼除毛クリームのお役立ちコンテンツ!▼

  1. 除毛クリームの正しい使い方|肌トラブルを回避するための注意点
  2. 除毛クリームを使う頻度は?

除毛クリームでのうなじ処理は敏感肌や肌の弱い人には合わないことも

うなじを脱毛サロンで処理

ただしこの方法は、敏感肌や乾燥肌の人、元々肌が弱い人には合わないこともあります。商品によっては刺激があるなどで、お手入れをしたのに肌が荒れてしまうもとになりかねません。

このような時は、使用前にパッチテストをしてみることをおすすめします。パッチテストは二の腕などに少量のクリームを塗っておき、しばらく放置して、異常がないか確かめてみることです。

しかし普通に除毛クリームを使って問題がない場合でも、やはり気をつけておくべきことがあります。それは、あまり頻繁に処理をしないということです。これも商品の説明書にあるので、事前に目を通しておきましょう。

veet除毛クリームの使い方・注意点まとめ!

それから、あまり古くなったクリームは使わないようにしましょう。無論除毛クリームを使う以外にも、うなじの毛を効果的に処理する方法はあります。それはサロンでのお手入れ、またはクリニックでの脱毛施術です。

▼安さでおすすめ!▼
ミュゼで脱毛!

使用頻度は守ろう

除毛クリームはタンパク質に反応して毛を溶かすものなので、肌への負担が大きい除毛道具です。頻繁に使うと肌へのダメージを蓄積してしまいますので、除毛クリームの使用説明に書かれている手順や使用頻度は必ず守るようにしてください。

度を越えた回数で使用してしまうと炎症を起こすなど、肌トラブルのリスクが高まってしまいます。除毛クリームを使用して肌に異常が現れた場合は、すぐに使用を注意して医師の診察を受けるなどの対応をしてください。

また、使用説明で提示されている使用量や使用頻度は、除毛を効果的に行えるタイミングを示すものなので、きちんと守って使用することで除毛効果を実感しやすくなっています。

除毛クリームの選び方

クリームのチューブ
除毛クリームは数々の種類が販売されており、どれを選べば良いのか迷ってしまった経験はありませんか?ここからは、除毛クリームを選ぶ際に押さえておくべきポイントについて解説していきます。

なるべく肌への負担が少ないものを

除毛クリームは、どんなものを使っても少なからず肌へ刺激を与えます。どうせ使うのなら、できるだけ肌への刺激が弱く負担が少ない、「敏感肌用」や「低刺激」と記載されているものを選ぶようにしましょう。

市販されている除毛クリームのほとんどには、保湿効果のある成分が配合されています。アロエベラや大豆エキス、ビタミンE、グリセリンなどの保湿成分が配合されているか、成分表をチェックしてみてください。

形状・使いやすさの違い

除毛クリームには、さまざまなテクスチャのものがあります。一般的なチューブに入ったクリームタイプの他に、泡状になっているものやジェルタイプのもの、肌に吹き付けるスプレータイプのものも。

肌への塗りやすさや液の垂れやすさを考慮し、自分の使いやすいテクスチャのものを選ぶと良いでしょう。

長く続けるつもりならコスパの良いものを選ぼう

除毛クリームは脱毛ができるわけではなくあくまで除毛なので、一度処理をしてしまえば終わりというものではありません。時間が経てばまた毛が生えてきますので、繰り返し処理する必要があります。

長く使い続けるつもりなら、効果だけではなく価格帯や容量など、コスパの良さも重要視する必要があります。せっかく良いものを見つけても、一度きりの使用になってしまっては除毛クリームの意味がありません。

お財布事情と相談して、長く使い続けられる除毛クリームを探してみてください。

香り付きのものがおすすめ

除毛クリームに使われている除毛成分には、鼻にツンと来る独特の匂いがあり苦手と感じる方も少なくありません。除毛クリームは肌に塗布してからしばらく放置しなければならないので、匂いが苦手だと使うのも苦痛になってしまいます。

特に除毛クリームはお風呂場で使う方が多いので、強すぎる匂いが狭い部屋に充満すると気分が悪くなってしまうことも。そんな方は、香り付きの除毛クリームを選ぶのをおすすめします。

「匂いが少ない」などと記載されているのも目安になりますが、花やフルーツなどの香りで独特の匂いを抑えてあるものを試してみてはいかがでしょう。

脱毛後のケアは丁寧に!

手にとったクリーム
除毛クリームにはアルカリ性の薬剤が配合されているため、弱酸性の人の肌には負担を与えてしまうので、アフターケアをしないと肌荒れを起こしてしまうこともあります。除毛クリームを使用した後のケアについて見ていきましょう。

しっかりと保湿をしよう!

除毛クリームを使用した後、絶対に怠ってはいけないケアが肌の保湿です。除毛クリームで無駄毛の処理をすると、皮膚を覆っている必要な皮脂まで取り除いてしまうため、肌を守るバリア機能が弱まりデリケートになってしまっています。

また、肌が乾燥しやすくなっており、乾燥はシミやシワの原因となったり、肌のバリア機能がうまく機能せず少しの刺激で炎症を起こしたり、慢性的な肌荒れに繋がりやすくなってしまいます。

除毛クリームでムダ毛を処理した後は、ローションやクリームを使ってしっかりと肌を保湿してましょう。

保湿剤の選び方!

除毛クリームを使用した後の保湿アイテムは、どういったものを選べばいいのかを見ていきましょう。まず大切なのは、できるだけ刺激の弱いものを選ぶということです。

前項でも述べましたが、除毛後の肌はデリケートで少しの刺激にも反応しやすくなってしまっています。アルコールフリーのものや敏感肌用など、肌への刺激が少なく優しいものを選ぶようにしてください。

他にもテクスチャや香りなどが好みのものを選ぶと、アフターケアの時間も楽しむことができます。さらりと肌に馴染みやすい化粧水や、さっぱりとしつつも柔らかく塗りやすいジェルタイプ、しっかりと肌を覆うクリームタイプなど、自分が使いやすいテクスチャのものを探してみてください。

まとめ|肌が弱い人にも安心のお手入れ方法はエステサロンの脱毛!

サロンやクリニックで処理してもらう一番のメリットは、やはり自分ではお手入れし難い部位を、きれいに整えてもらえるという点です。

またうなじの上部、生え際の部分である襟足も同時に処理してもらえるので、首がすっきり長く見えますし、見た目も爽やかです。

その一方で、皮膚が薄い部位ですので痛みが出やすいこともあります。それから背中のムダ毛を処理していない場合、水着を着た時などにその差が出てしまうこともあります。この場合は背中も一緒に脱毛するといいでしょう。

うなじの毛の種類はさまざまなので、一度に脱毛できるわけではなく、何度かサロンやクリニックに通うことになります。費用はサロンの場合は2万5000円ほど、クリニックの場合は3万円ほどになります。

▶︎おすすめ脱毛サロン・ミュゼの体験レポート!

そしてこれが大事なのですが、処理してもらう前にうなじの形を決めておく必要があります。この形には何種類かありますが、真ん中の産毛を残す形が一番自然に見えます。

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!

ミュゼサロンページ_12月

モコ
【会員400万人突破記念】全身脱毛 2回&両ワキ+Vライン無制限通い放題がタダ!!

両ワキ+Vライン回数制限なし・追加料金なしだから、ツルツルになるまでずーっと通えちゃう♪

 

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務