×

未経験からエステティシャンへ転職するには?向いている人や志望動機を解説!

華やかなイメージで美容に関心を持つ女性から人気の高い「エステティシャン」というお仕事に憧れている人も少なくありません。

いざエステティシャンになりたい!と思っても、未経験からではエステティシャンを目指すことができないのでは?と不安に感じる人も多いです。

今回は、未経験からエステティシャンに転職する際の注意点や向いている人の特徴についてご紹介します。

以下の人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 未経験からエステティシャンへ転職がしたい
  • 美容業界への転職を考えている

未経験からエステティシャンへ転職は可能?

考え込む女性

「エステティシャン」と聞くと、専門職・手に職というイメージを持つ人も少なくありません。そのイメージから、未経験ではエステティシャンへの転職は難しいのでは?と考える人も。

しかし、未経験であってもエステティシャンを目指すことは可能です。なぜなら、以下の2つの理由があるから。

なぜ未経験でもエステティシャンへ転職できるの?
  • 「未経験OK」と採用を行うエステサロンも多い
  • 研修制度が充実しているエステサロンを選べばスキル面も問題なし

未経験の人は、「未経験OK」「研修制度が充実している」エステサロンを選んで転職を目指しましょう。

エステティシャンへの転職が向いている人は?

楽しく会話をする女性

次に、エステティシャンへの転職が向いている人の特徴3つご紹介します。

明るく前向きでタフな人

1つ目は、明るく前向きでタフな人

エステティシャンは、日々いろんなお客さまにお会いするお仕事です。誰から見ても明るく好印象を持たれるように努める必要があります。

また、上司やお客さまから注意を受けた場合にも、ヘコまずに前向きに捉えて仕事を頑張れる人もエステティシャンに向いています。

人の気持ちを考えて行動できる人

2つ目は、人の気持ちを考えて行動できる人

エステティシャンには、「目の前にいるお客さまが今何を考えているのか?」を常に考えて、行動することが求められます。

「どんなことに不安を抱えているのか?」「何に困っているのか?」を察知してご提案やお声がけをすることで、安心してサロンに通っていただけるように努めます。

前職で接客業の経験がある人

3つ目は、前職で接客業の経験がある人

アパレルや旅行、航空、その他サービス業で働いていた経験がある人であれば、ある程度接客スキルは身についていると判断されます

前職で接客業や営業職を行なっていた人なら、エステティシャンとしてもスムーズにキャリアを積むことが可能です。

エステティシャンへ転職する際の注意点

スーツを着た女性

続いて、エステティシャンへ転職する際の注意点についてご紹介します。

転職時期は繁忙期を避ける

1つ目の注意点は、転職時期は繁忙期を避けること

例えば、脱毛業界では、主に5〜7月が繁忙期(※)と言われています。そのため、5〜7月の初夏〜夏シーズンに転職しようとすると、サロンのスタッフや本社の従業員も忙しく業務をこなしており、慌ただしい中面接の対応をお願いすることに。

できる限り繁忙期以外のシーズンを選んで転職に臨むと、成功しやすいと考えられます。

※気温状況などによって左右されることもあります。

転職先の研修制度を確認する

2つ目の注意点は、転職先の研修制度を確認すること

「未経験OK」と求人に記載があったとしても、研修を十分に受けられずに実務デビューしなければいけないエステサロンも多くあります。

特に、未経験からエステティシャンへの転職を目指すのであれば、研修制度が充実しているエステサロンがおすすめ

実務に入ってもスムーズに業務に取り組むことができますし、仕事が始まってから感じるギャップを少なくすることも可能です。

エステティシャンへ転職する際の志望動機

履歴書

最後に、エステティシャンへ転職する際の志望動機を書く時のポイントについて解説します。エステティシャンへの転職時、志望動機を書くポイントは2つです。

①エステティシャンでなければいけない理由

1つ目は、エステティシャンでなければいけない理由を書くこと

  • エステティシャンになりたいと思ったきっかけとなる実体験
  • エステティシャンになって何を成し遂げたいのか?

以上のようなことを踏まえて、エステティシャンでなければいけない理由を説明できると、説得力が高まります。

②他のサロンと比較+応募先のサロンでなければいけない理由

2つ目は、他のサロンと比較+応募先のサロンでなければいけない理由を書くこと

応募先のエステサロンの面接担当者に、この人はただ「エステティシャンになれればいい」と思われてしまっては、採用率を下げてしまう原因となりかねません。

他のサロンと応募先のサロンの特徴やサービス内容、仕事への姿勢などを比較して「自分が応募先のエステサロンでなければいけない理由」や「応募先のサロンと自分がフィットする部分」を説明すると、入社した後に活躍している姿がイメージしやすくなり、採用率を上げることができます。

○ポイントを押さえてエステティシャンへの転職を叶えよう!

スーツを着た女性のOKサイン

今回は、未経験からエステティシャンへ転職できるのか?についてご紹介しました。注意すべきポイントを押さえて、エステティシャンへの転職を実現させましょう!

スマホを操作する女性

エステティシャンへの転職を考えるあなたには、Q&Aサイト「KIKETA」がおすすめです。

「KIKETA」では、エステティシャンへの転職時に抱えやすい不安点や疑問点にお答えするQ&Aコンテンツを配信しており、大手脱毛サロンへの求人エントリーもスムーズに行うことができます♪

気になった人は、ぜひこちらからKIKETAもチェックしてみてくださいね!

ミュゼの採用情報や転職時のQ&Aは
こちらでチェック!

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!ミュゼプラチナム

ミュゼ_11月の脱毛バナー

モコ
12月からの脱毛はミュゼがおすすめです。たった100円で両ワキ・Vラインのほか選べるパーツ・計3部位の1年完了コースを受けられるほか、予約保証で早く脱毛できます!

脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは12月限定で、3部位1年完了コースというお得なキャンペーンプランをご利用いただけます。こちらは追加料金なしで、最初に100円払うだけでずっと通えます!

 

キャンペーン詳細についてミュゼ公式サイトでチェック!

 

さらに! ミュゼ史上初の試みで、12月中の契約にて1年最大12回の予約保証もあり人気脱毛サロンだから予約が取りづらいという懸念点も解消されます。今から脱毛を始めれば来年の4~5月には満足できる脱毛効果が得られますので、今年からミュゼの美容脱毛を始めてみましょう!

この記事を書いた人

natsumi

フリーライター。主に、美容・恋愛・ライフハックなど女性向け記事を執筆している。趣味は、女性アイドル鑑賞とカフェ巡り。▼執筆実績はこちら▼