×

シースリーの解約方法・解約金がかかる条件を事前にチェック!

シースリーは全身脱毛専門のエステサロンであり、部分脱毛は行っていません。パーツごとに脱毛したい人には向いていませんが、セットでお得にお手入れをしたい人に最適です。

シースリーは全国に店舗を展開しており、どこに住んでいても近くの店舗に通いやすいことが特徴です。しかし、さまざまな理由で解約したいと考えている人もいるでしょう。その場合は解約方法を確認しておくことが大切です

モコ
シースリーの解約手続きでは、店舗に行く必要はないですね~
ロボ
気になる解約金についても、チェックしておきましょう!

シースリーの解約方法は電話で手続き可能

エステサロンの解約と聞くと、店舗まで行かなくてはいけないというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、シースリーの場合は店舗で直接言わなくてもやめることができるようになっています。

店舗で直接言うのはなんとなく気まずいという人も多いでしょう。そのような人におすすめなのが電話で手続きをするという方法です

この方法ならスタッフと直接会うことはありませんし、手軽に手続きすることができます。ちなみに、電話をかける際は受付時間や定休日にも注意しましょう。

シースリーの電話の受付時間は12:00~20:00までとなっており、定休日毎週水曜日ということです。

実はシースリーに契約を解約したいと伝えても、その場ですぐ終わるというわけではありません。後日シースリーから連絡が来るため、そこで手続きを完了させることができます。

最初から最後まで店舗に行く必要はありませんし、電話の後に必要な情報はメールでやり取りできるので安心です。公式サイトからでも解約はできますが、急いでやめたい場合は電話の方が便利です。

★予約も電話・インターネットからできます!★

関連記事:シースリーの予約方法(予約が取りやすくなる方法は?)

シースリーコールセンターへの電話方法

シースリーコールセンター
電話番号:0120-762-090
受付時間:12:00~20:00
定休日:毎週水曜日

解約の流れは、
・シースリーコールセンターに電話し、解約希望を伝える。
・シースリー側から折り返し電話がある。その電話にて解約手続きをする。
・電話での解約手続きが完了した後は、メールにて各種問い合わせが可能。
・返金がある場合は、後日登録した銀行へ振り込まれる。

シースリーの解約は、電話手続きの後すべてメールで対応してくれるので、店舗へ行く必要がなく便利です。解約方法も簡単で、解約時に顔を合わせる必要もないので無駄なストレスがありません。

電話連絡が完了したら?

電話での解約手続きが完了したら、後日「中途解約精算金計算書」と「解約確認書」がシースリーから郵送されてきます。

「解約確認書」はシースリー側へ送り返す必要があるので、必要事項を記入の上、返信用封筒へ入れて早めに投函するようにしましょう。

その後は特に不備等がなければ解約手続きは完了となります。その他必要事項がある場合は以下から問い合わせが可能です。

シースリーお客さま専用コールセンター
電話番号:0800-888-4315
受付時間:12:00~21:00
定休日:毎週水曜日、毎月第二火曜日

シースリーの解約を店頭でする方法

カウンセリングを受ける女性

実際に通っていた店舗で解約手続きを済ませたい方は、まずその店舗に電話し、解約希望の旨を伝えておくと当日スムーズな流れになるでしょう。

実際の店舗で解約手続きをすれば、その日に解約手続きが完了するだけでなく、書類の不備や内容の行き違い、手違いといったミスがなく時間短縮になります。

解約の理由等は聞かれる可能性がありますが、最低限の理由を伝えられれば良いのであまり身構える必要はありません。

店頭での解約に必要なのはコレ!

店頭で解約する際には、最低限以下を持参するようにしましょう。事前に準備を済ませておけば、当日は安心ですね。

通帳類(口座情報が明記してあるもの)
身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
印鑑
会員証
クレジットカード情報(支払に使用したもの)

インターネットで解約する場合

携帯を見る女性

店舗や電話での解約に抵抗がある方でも、シースリーではインターネットからも解約することが可能です。

手順としては、まずシースリー公式サイトにアクセス、サイト上部真ん中辺りにある「会員の皆様へ」をクリックします。「お問い合わせ」が表示されたら「すでにC3の会員になっているお客様」を選び、「解約についてのお問い合せ」から専用フォームに必要事項を入力、内容を送信します。

申請してから2営業日以内に、まずシースリーから電話もしくはSMSメールが届きます。それから一週間以内には解約手続きに必要な書類が手元に届くので、必要事項を記入して返信します。ここまでで解約が完了となります。

解約の申請をしてから完了まで数日~一週間程度掛かるので、時間に余裕がある方には便利でおすすめです。しかし解約を急いでいる場合には店頭で直接対応してもらうか電話連絡がよいでしょう。

シースリーは解約不可と誤解されている?

ハテナマークを持つ女性

シースリーでは解約ができないと度々誤解されているようですが、その理由は一体どこにあるのでしょうか。

その一番の理由はシースリーの永久保証プランにあるようです。このプランで解約をしようとすると、数回施術を受けただけで返金額が0になってしまうことが要因のようです。

永久保証プランの場合、1回分の施術に対する明確な価格は表示されていませんが、2回施術を受けた時点で解約する場合、半額程度が戻ってくるイメージで3回目は少額、4回目になると返金額は0円になります。

このあたりの内容から、シースリーでは解約できないというイメージがついてしまったのかもしれませんね。

シースリーの解約時の注意点|解約金がかかる条件は?

エステサロンの支払い

シースリーで解約すると特別な違約金などが発生することはありませんが、解約金はかかってしまいます

この解約金は契約したコースやお手入れを何度受けたかによって異なってきますが、最大で2万円かかることを覚えておきましょう。

シースリーに契約してから1回もお手入れを受けていない場合、手数料の計算はとても簡単です。支払い総額から2万円を引かれることになります。

何度かお手入れを受けている場合、その回数や脱毛した部位によって手数料が変わってきます。2万円または契約残金の10%のうち安い方が手数料になるということです

契約残額とは既にお金を支払ったけれど、まだお手入れを受けていない分のことを指します。返金額は消化したお手入れの回数で変わってきます。

4回以内の消化ならお金が戻ってくることがほとんどですが、4回以上通った場合は返金されないことがほとんどです

そのため明確な理由がない限り、4回以上通った後で解約するのはやめた方が良いでしょう。料金については手続きが終わってから1ヶ月程度で、指定の口座に振り込まれます。

▼これからシースリーに通う方はこちら!▼

シースリーの無料カウンセリング予約ページ

解約する前に他の方法も検討してみよう!

携帯と女性

解約はいつでもできますが、せっかく脱毛を始めようと決断したのなら、解約以外に何か方法はないのでしょうか。

例えば、スタッフとのコミュニケーション問題、予約が取れないといった不満があるのならまずは同じシースリーの中で店舗を変えてみるという方法があります。

また海外留学で長期的に通えない場合、妊娠出産を控えている場合には永久保証プランがおすすめです。永久保証プランに加え、回数プランも有効期限がないので、通えるようになったらまた脱毛を再開できるのがメリットです。

関連記事▶C3(シースリー)の口コミ・カウンセリング体験談から評価をチェック!

まとめ|シースリーを途中解約したい場合に考えておくべきことは?

シースリーは短期間で効果が実感できるエステサロンです。ムダ毛が無くなるだけでなく、美容効果も期待できると評判です。

さまざまな理由で解約したいという場合、特に条件などは必要ありませんし、解約したいタイミングでやめることができます。しかし、途中解約するとお金がかかってしまうため、窓口や店舗で相談した方が良いかもしれません。

モコ
解約の際、他のサロンに通うことも検討してみるといいですね~
ロボ
評判の良い脱毛サロンと比較してみてはいかがでしょうか!

▼ミュゼでお得に脱毛!▼
無料カウンセリング予約をしてみる!

1
モテ女子に選ばれている脱毛サロンはこちら!ミュゼプラチナム

モコ
2月からの脱毛はミュゼがおすすめです。たった100円で脱毛ビュッフェ最大21ヶ所・両ワキ+Vライン24回のプランを受けられます!脱毛ビュッフェは通常1ヶ所1000円なので最大20900円もお得に!

脱毛サロン・ミュゼプラチナムでは全身脱毛だけでなく、部分脱毛にも力を入れています!2月のキャンペーンでは追加料金なしで、最初に100円払うだけでなんと最大21ヶ所気になる部分の脱毛ができちゃうんです!

 

キャンペーン詳細についてミュゼ公式サイトでチェック!

 

ミュゼでは通常、脱毛ビュッフェは1ヶ所につき1000円かかります。ですが今回のキャンペーンではどこを何ヶ所選んでも100円で脱毛することができちゃいます!なので最大で20900円お得!さらに両ワキ+Vラインは24回脱毛できちゃうので、実際にはもっとトクするキャンペーンとなっています!

この記事を書いた人

K.K.@美容脱毛ライター

★Webライター歴:3年 →脱毛や美容健康のほか、旅行記事も執筆(海外旅行は年3回ほど) ★元脱毛サロンのスタッフ →現在はWeb系ベンチャーで勤務